天才漫画家「フォビドゥン澁川」の【スナックバス江】が大好きすぎてたまらない

唐突ですが私はギャグ漫画が大好きです。

しかしヤングマガジンの「ファラ夫」が連載打ち切りとなった今このヤングジャンプ連載中の「スナックバス江」が今唯一毎回欠かさず連載を追っているギャグ漫画と言っても過言ではありません。

この作品だけではなくフォビドゥン澁川作品はすべて大好きです。

好き嫌い別れる作風とは思いますが「となりのヤングジャンプ」でスナックバス江の1話と作者の他の作品が数話読めますのでよろしければ読んでみてください!

このギャグセンスを言葉にするのは難しく今後ネタバレや感想の記事にする事はないと思いますがあまりに大好きなので基本情報的なものだけでも記事にしたいと思います。

 

スナックバス江の基本情報

スナックバス江のあらすじ

 

北海道の場末にひっそりと佇むスナックでの日常を描いたほのぼのお水漫画・・・ではなく強烈な個性の従業員とそれに負けないくらいのインパクトを毎回残していく常連客達がおりなす1話完結型のナンセンスギャグ漫画です。

2018年7月27日現在単行本2巻まで発刊。

なのであらすじなんて書きようが無いです!

もうどんな話なのかは読んで下さいとしかほんと言い様がない作品です。

かわいい画風と作品のギャップに酔いしれてください!!

作者のフォビドゥン澁川とは

北海道在住のギャグ漫画家で年齢不詳。

ヤングジャンプを中心に読みきりや不定期掲載でたま~に掲載されていましたがそのすべてがフォビドゥン澁川ワールドとしか言いようがない独自の世界観で覆われていました。

1話のみの読みきりでは「うまるちゃん大好きおじさん」が特に一部で有名だと思います。

スナックバス江以外では「パープル式部」と「てらほくん」が単行本化されています。

「てらほくん」はテラフォーマーズのいわゆるスピンオフ作品なのですが本家より好きだというマニアもいるとかいないとか。

この2作品は「となりのヤングジャンプ」で数話だけ無料掲載されていますので是非読んでもらいたいです。

スナックバス江の主な登場人物

バス江の従業員

明美

バス江のチーママ。

恵まれた容姿なのにわりと残念な性格をしている。

前の前の彼ぴっぴの借金を肩代わりして返しても返しても借金が減らない(レギュレーション違反)。

しかしその容姿もあってかお客さんからの人気は上々。一部の客から体を求められる事もしばしばだがその度にキツイ言葉で撃退している。

皆がドン引きする心の闇を見せることもあるがわりと乙女な心も持っている。

バス江

名前のとおりスナックバス江を経営するママ。

見た目の奇抜さとは裏腹に常識人らしい言動や人生の先輩としてまともなアドバイスをする事もしばしば。

明美との仲は良好だがたまに喧嘩して死ぬ。

でも死んだ話の内に生き返るから安心。

極真空手も真っ青な手刀で酒瓶を切ることもできる。初恋の相手は「茂吉」

天野小雨

バス江のアルバイト従業員。

面接の際は強盗と同席というわけのわからない状況であったがなんやかんやでいつのまにか従業員入り。

常識人ではあるが毒舌で相手の心をえぐる事もしばしば。

後記のタツ兄の性器を見ても冷静に500円を徴収する落ち着きも持っている。

精神が限界を超えたときは酒に逃げる。

常連客

山田

第一話の記念すべきお客さん第一号。

初めての来店でとんでもない接客をされるがなんやかんやでバス江が気に入った様子で無事常連客入り。

見た目の通り作中一番の常識人だが少々バス江の従業員や個性的な常連客に染められてきている様子。

タツ兄

おそらく作中一番登場している常連客。

とんでも無い言動をする事もしばしばだがわりと一般人的な感覚の持ち主。

ポテチは最後まで食べきれない年齢。

彼が出てくる回は安定して面白い。

森田

明美に事ある度に性交を要求する童貞。

時間停止アプリや服が透けて見える眼鏡を購入して周りをドン引きさせることもしばしば。

さらに厨二病患者でもある。

何度フられても脅威のポジティブシンキングで不死鳥のごとく蘇る。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

もし興味わいたという変態さんがいらっしゃいましたらとなりのヤングジャンプで無料開放中の1話だけでも是非読んでみてください!

現状大人気とはいい難いスナックバス江ですが同時期に連載開始した作品が次々と打ち切られていく中なんとか微妙な人気で生き残っています。

1話完結のギャグ漫画でこのクオリティを続けていくのはものすごく大変だとは思いますがなんとか1話でも長く連載が続く事を祈っています。

スナックバス江の電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール中!

スポンサーリンク