【ダンジョン飯】50話「ダンプリング」最新話ネタバレと感想

出典:ダンジョン飯50話

【ダンジョン飯】49話「グリフィンのスープ」最新話ネタバレと感想
ハルタ2018-NOVEMBER掲載のダンジョン飯49話のネタバレと感想です。 前回ではマルシル大活躍でグリフィンを退治しセンシの救出に成功しましたね。 戦闘中はギャグ成分(主にマルシル)が強かったですが...

 

ハルタ2018-DECEMBER掲載のダンジョン飯50話のネタバレと感想です。

前回ではセンシの過去が語られ一件落着・・・

と思いきや最終コマでチェンジリングなる生物を他種に変えてしまうというナニソレ怖いな罠に気付かずかかっていましたね。

ライオスは喜びそうですが果たして今回どうなることやら・・・

 

ダンジョン飯50話ネタバレ

案の定種族変化

冒頭からいきなり全員高熱を出して寝込んでいるシーンから。

意識がなくなったライオスが目覚めるとドワーフの身体に!

そしてマルシルはハーフフット!!

センシはなんとエルフw

出典:ダンジョン飯50話

Oh・・・

その薔薇は一体・・・

さらにチルチャックは中年のトールマン、イヅツミは猫耳のコボルト(犬?)に!

出典:ダンジョン飯50話

センシとチルチャックの破壊力がすごすぎるw

反対にマルシルかわいいなおい!

何はともあれ元に戻るためにまた茸の輪を踏もうと言うチルチャックとマルシルだがなんと来た道が変化しておりチェンジリングの場所には簡単には引き返せない様子。

とりあえず皆服や装備のサイズがまったく合わなくなっているので着替えてから引き返すことに。

道中色々とあったが体に慣れてきた一行は以前より順調とも言えるペースで進むことができている様子。

そして獅子像がある道を見つけそこを通るとなんと引き返すはずが最初の目的地である最奥の扉へ到着!!

ここでライオスはこの体のまま先に進むことを提案。

これに猛反対するチルチャックとイヅツミ。

しかしセンシとマルシルが特に不便もなかったことだしと賛成するとチルとイヅツミもしぶしぶ従うことに。

だが扉は固く閉ざされており先に進むにしても進みようがないというイヅツミ。

そのときなんとまだ生きていたケン助の触手が扉へ伸びなぜか開いてしまう!

VSガーゴイル

ケン助のおかげなのか翼獅子なのかヤアドのおかげなのかはわからないがとりあえずライオスとマルシルが大声でお礼の言葉を述べていると扉の上からなんとガーゴイルの襲撃!

戦闘が始まると非戦闘員のチルはいつもどおりその場を離れようとするが今はトールマンの体だったので大きく目立ってしまいガーゴイルの標的に!

マルシルがこれを攻撃魔法で救出するがハーフフットの体のせいかこの一撃のみで魔力酔い(MP切れ?)に。

センシとなんとかするしかないと判断したライオスはセンシに鍋をと声はかけるがこの状況にもかかわらず何故かセンシは手ぶら。

当然なぜ手ぶらなのか問うライオス。

出典:ダンジョン飯50話

えぇ・・・

だからその薔薇はなんやねん!

仕方なく孤軍奮闘するライオス。

しかしドワーフの体はどうやらものすごく疲れやすいらしくこのままでは負けると判断したライオスは全員で扉の中に逃げることに!

なんとか扉を閉めガーゴイルから逃げ切った一行であったがやはりこのままでは不便だと後悔しだすライオスであった・・・

飯要素

とりあえずは一息ついたところで唐突に食事の準備を始めるライオス。

ドワーフの体はものすごく腹が減るらしくセンシがいつも唐突に食事の準備をするのか今ならわかると話すライオス。

なおナマリが急に食事の準備を始めたことは無い模様。

黙々と全員で作業をする一行。

そして。。。

出典:ダンジョン飯50話

おいしそう。

肉汁たっぷりでものすごくおいしいらしい。

小籠包みたいな物なのだろうか。

食事をしながらこの場所はどういう場所なのだろうと疑問を話すライオス。

マルシルいわくエルフとドワーフが戦争をしていたころの防衛地点の一種とのこと。

その昔エルフとドワーフが競って先鋭化させていった結果、大災害を招いたらしくその名残で迷宮内にはその遺産が眠っているが同じ過ちを犯さ無いために双方の種族は迷宮内の技術にピリピリしているらしい。

その話を聞いてマルシルにエルフに因縁を付けられたら宮廷勤めの母親のコネでなんとかできるんだろなと話すチルチャック。

マルシルママそうだったんだ!

そんな設定今まで出てきてたっけ?覚えてないや。

これを聞いてどのみち今のマルシルはハーフフットなのでエルフと交渉するならセンシだと話すライオス。

出典:ダンジョン飯50話

・・・

ライオス「やはり極力元の姿に戻る方法の模索は続けよう」

一同「異議なし」

といったところでまた次回。

 

ダンジョン飯50話感想

ダンジョン飯の電子書籍が2019年1月15日まで実質半額! 

今回はもうセンシの顔とチルチャックのキモさしか記憶に残らないですわ!

センシのエルフ姿を見ているとなぜかパタリロのバンコランとエースをねらえのコーチが頭に浮かんでしかたありません。

どっちもヒゲは生えてなかったはずなのになんででしょう。

しかし戦力的にマルシルの魔力(MP?)が著しく下がっているのは大問題ですね。

チルチャックもトールマンの体ではハーフフットの鋭い感覚で罠解除等もできないでしょうし。

このままでは最奥の試練には打ち勝てそうにありませんが果たして早々に元に戻ることはできるのでしょうか。

エルフと交渉するセンシも見てみたい気もしますがw

 

スポンサーリンク