【ダンジョン飯】47話「グリフィン」ネタバレと感想

出典:ダンジョン飯47話

 

ダンジョン飯47話のネタバレと感想です。

前回何かを決意した様子のライオスでしたがどういった答えを出したのでしょうか。

また様子がおかしいイヅツミは?

セクシーなセンシの扉絵で47話スタートです。

 

ダンジョン飯47話ネタバレ

狂乱の魔術師の名はシスル

おいしそうな匂いで目を覚ますライオス。

センシがベッドにいないのに気づいたライオスは匂いの方向にセンシを探しに。

すると厨房でセンシがホットケーキのような朝食を作っているのを発見。

それを横でセンシさんすげえ!と見ているヤアド君。

そしてライオス一行とヤアドは食卓を囲み朝食をとるが食べる事に意味が無いヤアドは皆がおいしそうに食べるのを見ているだけ。

そんなヤアドにセンシは食事は勧める。

味を感じることが無いヤアドは断ろうとするがセンシが差し出したホットケーキを一口食べるとやはり味は感じないが食感はしっかりと感じている様子。

まずは食感を楽しむことから始めようとセンシは言う。

そうして皆が食事を楽しむ光景をヤアドは昔は祖父や両親と食卓を囲んでいたと思い出話を始める。

祖父(デルカル)の横には常にシスル(狂乱の魔術師)がいたという。

狂乱の魔術師さんシスルって名前だったんか。

初登場から随分たつけどやっとお名前判明!

元々はヤアドの曽祖父が道化師として狂乱の魔術師を城に招きいれ祖父(デルカル)と兄弟のように育ったとのこと。

ただの道化師が次期国王と兄弟のように育つってどんだけ気に入られたんや・・・

男の娘みたいな顔してるし枕か?

それはさておき王座についたデルカルの勧めで魔術を学び始めた狂乱の魔術師は頭角を現して力に取り憑かれ狂ってしまい国に呪いをかけたとのこと。

そこまでヤアドが話すと唐突にライオスが狂乱の魔術師と話をしたいと言い出す。

当然びっくりするヤアド君。

狂乱の魔術師はまともに話ができる相手ではなくデルカルを出発させた際も関与を疑われて処刑された者がいるらしい。

あ、そのパターンはお亡くなりになれるんやね。

しかしどうしても話をしなけらばならないと言うライオスの決心は固く、ヤアドはその為にはダンジョン最深部に囚われている有翼の獅子の力を借りれば狂乱の魔術師の力を抑えることができると助言する。

そして黄金城の皆に見送られ、来たときと同じ様に亡霊?の力でライオス一行はダンジョンに戻る。

出典:ダンジョン飯47話

ひい!

狂乱の魔術師に見れていた!

狂乱の魔術師はなんともいえない表情で「いま誰と話していたんだい?」とホラーチックな台詞を吐いたところで場面が変わる。

あやうしヤアド君!!

センシはグリフィンが苦手!?

一方ライオス一行。

ダンジョン内にある古代ドワーフの貯水庫に乱暴に落とされる。

するとセンシが嘔吐している。

ドワーフは三半規管が鋭く転移酔いしやすいという。

そしてずっと様子がおかしかったイヅツミも正気を取り戻す。

すると同時にふにゃ~んごろごろ・・・していたときを思い出し恥ずかしくなってしゃがみこんでしまう。

かわいい。

てかあのときの記憶は残ってたんだね。

そんなこんなしているうちに見回りに行っていたライオスとマルシルが戻ってくる。

出典:ダンジョン飯47話

はや!

しかしライオスは見かけたのはファリンではなくグリフィンじゃないかと言う。

グリフィンと言う言葉を聞いてなぜかセンシは焦った表情になる。

表情いつも同じだけど。

探しにいこうというマルシルだがセンシが珍しくだだをこね無理がある理由をつけて一緒に行こうとしてくれない。

センシ曰くグリフィンは嫌いとのこと。

そうこうしているうちにグリフィンが突然ライオス一行に攻撃をしかける!

ライオス「かっこいいーっはじめて見たーっ!」

はいはい。

人騒がせなグリフィンにぶちきれたマルシルは攻撃魔法を放とうとするがその時センシが恐怖に引きつった表情でなさけない声を出し背中を向け逃げ出す・・・!

表情いつも同じだけど。

どうしたセンシ!?

そして背を向けて逃げては行けない相手に愚行を犯したセンシは背中から鷲づかみにされて・・・といったところでまた次回。

ダンジョン飯47話感想

ダンジョン飯の電子書籍が2019年1月15日まで実質半額! 

 

狂乱の魔術師はシスルというお名前だったんですね。

それにしてもネタバレ文中に書いちゃいましたが次期国王の王子様デルカルと兄弟のように育つってどれだけヤアド君の曽祖父に気に入られてたんでしょうね。

しかもただの道化師として雇っただけの人物を。

やっぱり枕営g・・・ゲフンゲフン

てかシセルさん敬愛なるヤアドの曽祖父の国王と兄弟のように育ったデルカル王の子孫のヤアド君には辛辣ですね。

ため口な上いきなり後ろから首を絞めるような動きするとかヤアド君に対してはデルカルやその父王に対してみたいな感情はないんでしょうねきっと。

そしてライオスパートの頼れる漢センシどうしたんでしょう!?

魔物が出てもいつも冷静だった彼がここまで取り乱すとは何か恐ろしい体験があったんでしょうか?

センシが取り乱した理由はすごい気になりますが「ハルタ」の発刊ペースでセンスの悲しい過去編やられるとちょっと困るかも!

なんにせよセンシとついでにヤアド君の安否が気になります。

 

スポンサーリンク