【ゴールデンカムイ】193話「登別温泉」最新話ネタバレと感想

出典:ゴールデンカムイ193話

【ゴールデンカムイ】192話「契約更新」最新話ネタバレと感想
ヤングジャンプ2019年14号掲載のゴールデンカムイ192話のネタバレと感想です。 前回ではキロちゃん亡き後まさかの岩息が合流となりました。 そしてソフィアはキロちゃんの亡骸を見送った後一体どこに行ってしまったの...

ヤングジャンプ2019年15号掲載のゴールデンカムイ193話のネタバレと感想です。

前回は都丹庵士が出てきたりあっさりと岩息がスヴェトラーナと離脱したり、そして杉元とアシリパが相棒契約更新したりと新たな展開の序章と言った感じでしたね。

ここ最近特に動きが描かれなかった第七師団でしたがこちらも何やら動きがありそうですね。

ゴールデンカムイ193話ネタバレ

ニヴフのばけもの川

ニブフに伝わるばけもの川というお話を聞く杉元。

その内容とはがこちら

ばけもの川で魚を焼いていた男は遠くで声がして近づいてくるのに気付いたので服を脱いだ

そして焚き木の墨でケツに目を書いてばけものの方にケツを向けて股の間から見ていた

ばけものはケツの目にびっくりして逃げていった。

~fin~

久々に理解が追いつかない・・・

アシリパさんが推測するにはこの話の教訓は悪いことをするやつは見られるのが怖いということ。

なるほどかしこい!

そのとき外から白石がトイレから戻ってくる音がしたのでアシリパは杉元の尻に目を書いて白石を驚かそうとイタズラを計画。

出典:ゴールデンカムイ193話

・・・・

菊田と有古、そして都丹庵士動き出す

場面変わって登別温泉。

菊田は有古に怪しい男(都丹庵士)について出身の村で情報収集するよう指示。

一方都丹庵士とその仲間たちは按摩さんを装い第七師団の情報を収集している様子。

そしてその情報は土方に流しているらしい。

しかしながら都丹庵士が有古に姿を見られたかもしれないということで登別温泉で情報収集ができなくなる恐れがあり、話し合いの末に有古と菊田を闇に葬ることに決定。

そのころ有古はアイヌの集落で女に変な文様の服を来た男を見なかったか尋ねる。

するとその女はあれは服ではなく刺青だ、と答える・・・

またまた場面が変わりわざとらしく舌を打つ音を出し、ランタンの明かりをつけて行動し菊田をおびき出すことに成功した都丹庵士はいきなり明かりを消して菊田に向かって発砲!

しかし菊田はこれをなんと横っ飛びで回避!!

さらには菊田が反撃で発砲した弾は都丹庵士の肩をかすめる!

出典:ゴールデンカムイ193話

都丹庵士の仲間も現れ菊田を囲むが冷や汗かかず余裕の態度。

といったところでまた次回。

煽り文「悪いことをする奴は、見られるのが怖い。」

ゴールデンカムイ193話感想

ゴールデンカムイのためし読み

前半は飛ばしすぎですねw

昔話も突拍子も無い話ですがアシリパの話を聞くと納得・・・できないなぁやっぱり。。。

さておき都丹庵士はやはりというか土方と通じていましたね。

土方おじいちゃん達の動きも牛山が悲しきモンスターになったあの一連の話以来描かれていませんがここにきて第七師団、杉元、土方とそれぞれの動きが活発になってきた感じがします。

しかし菊田や有古はぽっと出の軍人にしては危険な相手なようですね。

なぜ暗闇で見えているのかも気になりますがここで都丹庵士が退場となるような気がしてなりません。

スポンサーリンク