【ゴールデンカムイ】175話「繭」ネタバレと感想

出典:ゴールデンカムイ175話

 

ヤングジャンプ2018年45号掲載のゴールデンカムイ175話ネタバレと感想です。

前回では悲しいモンスターオベンチョがついに牛山に戻りましたね。

躊躇なく始末するという行動に出たチヨタロウすごいと思いますた。

関谷に逃げられてしまった門倉ですが果たして土方と永倉は無事なのでしょうか。

最強戦士牛山と合流できたので場所さえ発見できればなんとかなる!

いそげ門倉看守部長!!

 

ゴールデンカムイ177話ネタバレ

門倉がどんどんコメディキャラに

今回のトップ絵ネタは「MAYUでUKAする5秒前ッ!」。

もうこの元ネタ21年前なのか・・・そりゃおっさんになるわ。

さておき本編は牛山を湖から引き上げる門倉のシーンからスタート。

牛山は女郎に勢力剤として渡された薬を飲んでこうなったという・・・

さすがチ○ポ先生ェ!

そんな事を語った牛山の背広から繭が出てきたのを発見する門倉。

出典:ゴールデンカムイ175話

お、おう・・・

この繭を見たキラウシは蚕業の時期ではないので人がいない建物があるという。

キラウシ有能。

2件の蚕業農家の場所を教えてもらった門倉はキラウシたちと二手に別れ捜索することにする。

次ページあっさりと蚕業農家の建物で関谷を発見する門倉。

土方の居場所を問い詰める門倉だが関谷は「種蚕雄雌鑑別機」という謎の機械で運試しをして関谷が毒を飲んだら死ぬ前に土方の居場所を教え、門倉が毒を飲めば関谷が土方を助けると提案。

出典:ゴールデンカムイ175話

ギャンブルジャンキーにも程がある。

しかし門倉はいきなり刃物で関谷の太ももを刺し土方はどこにいるとすごむ。

だが関谷が土方の棺の空気は持ってあと30分という言葉を聞き勝負せざるをえなくなる門倉。

門倉が繭を選び中の丸薬飲みその対角線上の丸薬を飲む関谷。

案の定ハズレを引き苦しみ出す門倉。

どうやらトリカブトの毒にあたったらしい。

死ぬまでどれくらいかかると問う門倉に数時間は苦しむと答える関谷。

門倉は苦しみから解放されるために他の丸薬も飲み自害を図る。

グッバイ門倉。

一方その頃関谷は土方にフグ毒が効いているうちに移動させようと土方の元に辿り着く。

すると突然土方は棺から飛び出し関谷の首ねっこを捕まえる!!

生きとったんかワレ!

トリカブトの毒とテトロドトキシンは拮抗作用で互いの効果を抑えあうらしく土方は意図的にフグ毒摂取後こっそりとトリカブトを飲んでいたらしい。

一方門倉がさっき自害用に追加で飲んだのはテトロドトキシンでちょうどトリカブトとフグ毒が同時に体内から消える量を飲んだ様子。

出典:ゴールデンカムイ175話

なんだその強運!!

さておき復活した土方が包丁で関谷の肩を切りつけたところでまた次回。

 

ゴールデンカムイ175話感想

2019年1月15日までゴールデンカムイの電子書籍全巻50%還元セール中!

門倉さんは一体どこにむかっているのか(笑

このまま悪運持ちの無能ネタキャラ路線で突っ走るんでしょうかね。

関谷に追いついてついにグッバイ門倉かと思ったらなんかおさまったみたいってw

しかし土方は若いころ薬売りをやっていた知識で助かったようですが薬売りやっていたってのは史実として本当の話なんでしょうか?

幕末の空気というか雰囲気が苦手でこの時代の有名人物の深いとこまで実はあんまり知らないんですよね私。

ちなみに好きな時代は戦国時代と後醍醐天皇がヒャッハーしてた時代です。

色々とご都合主義な今回のお話でしたが無事土方と牛山の安否が確認されてまずは一安心ですね。

・・・あれ、永倉おじいちゃんは?

 

スポンサーリンク