【ゴールデンカムイ】167話「白くらみ」ネタバレと感想

出典:ゴールデンカムイ167話

 

ヤングジャンプ2018年34号掲載のゴールデンカムイ167話のネタバレと感想です。

 

ゴールデンカムイ167話ネタバレ

セクシーマタギ久々の活躍

前回突然の猛吹雪で鯉戸月島組とはぐれてしまった杉本と谷垣とチカパシ。

地面を彫って避難しようとするが下はガチガチに凍っておりあまり深くは掘れない様子。

仕方がなく浅い穴で身をかくしソリを薪にして火をおこして暖をとるが谷垣はせっかくついた火を地面に埋めてしまう。

杉本「おい何やってるんだ!?どうして消すんだ」

谷垣「ソリ一台分の薪なんてあっという間に燃え尽きる」

谷垣「だが埋めれば土の中でゆっくり燃えるんだ」

谷垣「この上で横になれば少しは長く暖まれる」

杉本「さすがマタギの谷垣さんだぜ!」

 

最近お色気要員としてしか目立ってなかった谷垣さんが生き生きとしとる。。。

 

さらにリュウ達犬をかけ布団にして暖をとる杉本組は谷垣のかね餅でエネルギー補給をする。

出典:ゴールデンカムイ167話

杉本はどこかで食べたことがあるというが谷垣は自分風に味付けを変えた地元秘伝の餅だからそれはないという。

谷垣さん以前鶴見に白襷隊の生き残りにかね餅あげたって話してませんでしたっけ?

あれが杉本だと気づいてないのかわざとはぐらかしているのか・・・

月島軍曹はやっぱり頼りになる

いっぽう鯉戸&月島パート。

運よく建物を見つけそこで暖を取りながら銃を撃ち音で杉本組に場所を伝えようとするがあまりの吹雪で効果がない様子。

そうこうしているうちに建物の住人と思われるロシア人のおじいさんがやってきて何をしていると問われると流暢なロシア語で「仲間と近くではぐれた」と答える月島軍曹。

月島いないとつんでたね。

おじいさんは建物の上までついてこいと月島一行を案内する。

するとそこには大きなランプのようなモノが。

どうやらこれを灯台かわりにして明かりで杉本たちを誘導するらしい。

皆で汚れふきとってから明かりをつける。

その光は杉本たちに届き、灯台の光だ!と杉本たちが気づいたところでまた次回。

煽り文「未来を照らす命のしるべ」

ゴールデンカムイ167話感想

2019年1月15日までゴールデンカムイの電子書籍全巻50%還元セール中!

 

ここ最近セクシーポーズの写真でネタにされたりサーカスで気持ちが少女になってしまったりと完全にネタ要員になっていた谷垣が久しぶりに有能マタギっぷりを見せてくれて嬉しいです!

どんどんムチムチになってドジでえっちな体の谷垣も好きなんですがたまには活躍するとこも見せてくれないとね!

そして久々の登場のかね餅のお話で谷垣は戦争でかね餅をあげた相手が杉本だと気づいてないんでしょうかね。

わざと知らないふりをしているというのは深読みしすぎでしょうか?

そして月島鯉戸組ですが建物の住人が親切な方でよかったですね!

月島がロシア語しゃべれなかったり住人が反日感情持った人だったりどれかが欠けてたらゲームオーバーでしたね。

さて次回のタイトルが照らすハウスとなっているのですが展開の予想がつきませんね。

最終ページの絵そのままタイトルにしただけやん!

 

スポンサーリンク