【彼岸島48日後・・・】181話「顎」ネタバレと感想

出典:彼岸島48日後・・・181話

 

ヤングマガジン2018年49号掲載の彼岸島48日後・・・181話のネタバレと感想です 。

前回も相変わらず食事中には読めない内容でしたねw

というか枠外に食事中に読まないでと注意書きしている漫画なんて初めて見ました。

そして寺の中に入っても安定の丸太で松本先生ェ絶好調ですね。

ウ○コまみれで泣いてゲロゲロさせられた明さんでしたが屋根裏に誘導したことで果たしてこの借りを返す事ができるのでしょうか。

そして明に助けを求めているのは本当に勝っちゃんなのかその答は。

 

彼岸島48日後・・・181話ネタバレ

見た目だけでは無く発言も攻撃方法も汚い!

クソ喰い爺「タベタイ・・・ウンチ・・・アナタノ・・・タベタ・・イ・・」

冒頭からとんでも無い発言をする邪鬼さん。

エテ公とやっぱり同類ですな。

これに嫌悪感を感じる明さん。そらそうよ。

明さんは懐に入ってぶった切ろうとクソ喰い爺に向かってダッシュするが爺はなんと顎のアレを伸ばして明さんを攻撃!

ひでえ・・・

さらにこの○袋をハンマー投げのハンマーみたいにぶんぶんと振り回し明さんを攻撃すると同時に破壊されていく高岩寺・・・

関係者にほんま怒られそう。

攻撃自体は明さんに当たってはいないが風圧に乗って臭いが襲い明さんは視線を邪鬼からきってしまう・・・

その隙を見逃さなかったクソ喰い爺は袋で明さんの頭上を攻撃!

この邪鬼実はものすごくクレバーなのでは・・・?

これを紙一重でかわす明さんだが屋根裏の床が破壊されてしまう。

ただの爺ではない、油断できないと気を引き締めなおし隙を作るため木材(丸太では無い)を邪鬼の背中に投擲してぶっ刺す。

これに一瞬気をとられたクソ喰い爺は視線を明さんから切ってしまい、この隙に明さんはクソ喰い爺に向かってダッシュ!

しかしこれが罠だった・・・

明さんの予想外の下から○袋を振り上げるクソ喰い爺。

これを明さんはまともに受けてしまう!!

その頃外ではハゲが筏に無事帰還した様子。

明の足手まといになりそうだから一旦邪鬼から離れたとみんなに説明するハゲ。

そんな強い邪鬼なのかとハッハッしだすネズミ。

今回は漏らしていない様子。

ユカポン「でも大丈夫よ。明さんならきっと」

かわいい

ハゲ「そうだな。俺も明を信じてる」

ハゲ「アイツならきっとやってくれる。あんな爺に負けたりしないはずだ」

ハゲもかわいい

その頃攻撃をまともに受けた明さんは・・・

出典:彼岸島48日後・・・181話

ええええええええええ!!!!?????

捕まってしまった様子の明さん・・・

さらに仕込み刀の義手も外され水の中に・・・

なんてこった・・・といったところでまた次回。

煽り文「信じられない現実・・・まさかの結末・・・。希望が・・・水底に沈んだ・・・。」

 

彼岸島48日後・・・181話感想

彼岸島48日後・・・の電子書籍が2019/1/15まで50%還元セール!

冒頭のクソ喰い爺の台詞でいきなり先制パンチを喰らった気分ですw

しかし最近しゃべる邪鬼ばっかりですね。

邪鬼がしゃべるのは珍しいことってあしなが婆さんの時だったか忘れましたが言ってた気がするんですが。

そして今回の邪鬼はエテ公と同じく自分の欲望を口にするタイプのようですね。

それにしても最悪な台詞です。。。

ネタバレ文中にも書きましたがこの邪鬼はやってることと見た目はともかく戦闘となるとかなりクレバーな印象ですね。

明さんを仕留めた攻撃もあえて隙を作って罠に誘ったのではないかと思えてしまいます。

そして明さんが久々の絶対絶命ですが果たしてここからどうやって生還するのでしょうか。

今回はあしなが婆さんの時みたいに剃刀を仕込んでもいないし義手もポイされちゃいましたし。

まさかここでネズミ覚醒フラグの回収なのでしょうか!?

 

スポンサーリンク