【K2】344話「海(カイ)の空(その1)」最新話ネタバレと感想

出典:K2 344話

 

イブニング2019年1号掲載のK2344話のネタバレと感想です。

前回は麻純ママそっくりのポスターを見つけて何か関わりがあるのかと思いましたがまったくの偶然で特に何もなく一話で解決してしまいましたね。

依然一也の旅は続いていますが未だ目的の核心に迫る話はありませんが先にネタバレしちゃうと今回はついに一人パパの一郎登場です!

一也の目的は一郎だったのでしょうか?

 

K2 334話ネタバレ

ついに一郎が登場!

漁港しかなさそうな島で海を見つめる少女。

この娘は海(カイ)と言う名らしい。

そのときカイに声をかけるマント姿の怪しいおっさんが・・・

カイとおっさんは顔見知りらしい。

どうやらカイは学校をサボっていたようでその理由はこの島には他に子供がいなく友達がいないからとの事。

おっさんはそれならば学問を友達にしろと助言。

そしてそのおっさんは最近までどこかに行っていたらしくカイに「お土産」を渡してその場を去っていく。

出典:K2 344話

ロシアのマトリョーシカかな?

場面変わって「神津一友」と表札があるお宅。

どうやらここは診療所らしく主人は亡くなっている様子。

そこに出勤してくるさっきのマントのおっさん。

どうやらカイちゃんはここの娘さんらしい。

そしてついにおっさんの顔がここで明らかに!

出典:K2 344話

一郎パパきたああああああああああ!

回想以外での登場はこれが初めてだったはず!

しかし村井さんそっくりですな。

一人が村井さん初登場時に一瞬見間違えるのも無理ない。

どうやら一郎はここの診療所で働いているらしい。

必然か偶然か一也もこの地へ

場面変わってさっきまでの島とは別の漁港。

さっきまでの島はこちらの漁港で働く人たちの間では「医者いらずの島」と呼ばれているらしい。

そこに魚を卸にきた80歳の漁師のおじいさん。

元気そうだがニンニクをたくさん食べたせいか鼻血が止まらない様子。

談笑した後おじいさんは漁船で「医者いらずの島」に帰っていく。

その頃先ほどの診療所では一郎が診療しており患者からの評判も上々の様子。

亡くなったここの主人の「神津一友」も腕の良い医者だったらしく患者から一郎と見た目もよく似ていると話かけられる一友の奥さん。

奥さんはそれに少し後ろめたそうな表情で遠い親戚のようなものとだけ答える。

やっぱり一友先生もKの系譜なのかな?

診療時間が終わり一郎が診療所を後にしようとするとそこに飛び込んでくる老夫婦が。

出典:K2 344話

やっぱりさっきの漁師のおじいさん。

どこかにぶつけたわけでも無いのに半日も鼻血が止まらないのだという。

一郎はおじいさんから漂うニンニクの臭いを感知するとビタミンKの静脈注射を指示。

このおじいさんは心房細動を患っておりその為ワーファリンという薬を飲んでおり、ニンニクがその薬の働きを必要以上に強めてしまって血が止まらなくなったと診断する一郎。

そのため逆の作用をするビタミンKを投与すれば血は止まるらしい。

食べた物からすべてわかってしまう一郎に驚嘆する老夫婦はまるで一友先生のようだと口を揃える。

別の晴れた日、おじいさんが魚を卸していた漁港になんと一也の姿が!

漁港職員「東京から来た旅のもんけぇ。んじゃまともなもん食っとらんじゃろ?食え!」

とよくわからん決め付けをされ旨みたっぷりだというアラ汁をご馳走になる一也。

出典:K2 344話

おいしそうでなにより。

このアラは誰が獲ったのかと言う話題になりさっきの鼻血じいさんだと誰かが答えると医者いらずの島のそばには良い穴場があると言う話に。

「医者いらずの島」という名称に食いつく一也・・・といったところでまた次回。

煽り文「そこはマントの医者が住まう秘密の場所。」

 

K2 344話感想

K2の電子書籍が2019年1月15日まで実質半額セール!

ついに作中リアルタイムでの一郎パパ登場ですね!

なぜこの島にいるのかは今のところまったくの謎ですが、カイちゃんに渡したマトリョーシカ人形から恐らくロシアに行っていたのでしょうね。

となると考えられるのが、例の教団を壊滅させたマントの東洋人というのはやはり一郎ということでしょうか。

まさか今回故人として遺影で初登場の神津一友ではないと思いますし。

その一友も奥さんの反応といい腕がよくて一郎とそっくりということからやはりKの一族なんでしょうね。

裏のK一族が神代家だけとは語られてもいませんしね。

となると本家のK一族に何かあった時には裏のK一族から補填されるという話でしたが、裏のK一族にも序列というかKを継ぐ優先順位があるのかもしれませんね。

それか単純にその時代で一番腕の良い人間がなるのか。

さておき一也も近くまでやってきましたがどうやらここが目的だったわけではなく偶然だったみたいですね。

Kの血は引かれ合うということでしょうか。

一郎の登場で物語が大きく動き出しそうで年明けからのK2も楽しみですね。

【K2】345話「海(カイ)の空(その2)」最新話ネタバレと感想
イブニング2019年3号掲載のK2345話のネタバレと感想です。 前回ではついに消息不明だった一人の父「一郎」が登場しましたね。 なぜこの辺鄙な島にいるのか、そして世話になっている神津家とは容姿といい名前といいや...

 

スポンサーリンク