【K2】345話「海(カイ)の空(その2)」最新話ネタバレと感想

出典:K2 345話

【K2】344話「海(カイ)の空(その1)」最新話ネタバレと感想
イブニング2019年1号掲載のK2344話のネタバレと感想です。 前回は麻純ママそっくりのポスターを見つけて何か関わりがあるのかと思いましたがまったくの偶然で特に何もなく一話で解決してしまいましたね。 依...

イブニング2019年3号掲載のK2345話のネタバレと感想です。

前回ではついに消息不明だった一人の父「一郎」が登場しましたね。

なぜこの辺鄙な島にいるのか、そして世話になっている神津家とは容姿といい名前といいやはりKの一族なのでしょうか。

物語がついに動き始める予感です。

 

K2 345話ネタバレ

医者いらずの島の正式名称は「破留島」

「破留小学校」の作業員室で寝泊りしている様子の一郎。

一郎が朝の掃除をしていると校長先生が野菜をたっぷり差し入れに。

以前にも魚が誰からか差し入れられたり一郎はこの島の住民に大切にされている様子。

その頃相変わらず漁港でご馳走になっている一也。

肝炎のような症状が出ている幸造という職員が肝炎経験者から治療の際の副作用を聞いてびびっているご様子。

何か言いたそうな一也だがここではスルーし他の職員に医者いらずの島の事の聞き込みを開始。

医者しらずの島は「破留島」と言い、渡るには週一の定期船に乗るしかないというがそれは5日後ということで一也は困り果てる。

海(カイ)が行方不明

場面変わって小学校。

登校しなかった海を心配して校長先生が神津家へ電話を入れるが今朝出かけてそのまま家にも戻っていないという。

一郎は大事にしない為に自分が探しに行くと言いマントを羽織って海捜索へ。

その頃居酒屋では一也と幸造がばったり。

一也は幸造の肝炎治療の間違った解釈を正したいという。

しかし説明に入る前に目ざとい一也は幸造の異変を感知。

出典:K2 345話

さらに耳介後部リンパ節に腫瘍も発見。

幸造の肝炎の原因がわかったと言う一也は彼を病院に連れていくとそこで下された診断はなんと風疹!

風疹ウイルスによって肝機能が低下することがあるらしく元々肝臓の数値が悪かった幸造は影響が出やすかったのだという。

肝炎の治療をしないですんだとホッとする幸造に一也は言いそびれていた現在の肝炎治療について説明を始める。

肝炎治療は抗ウイルス薬「DAAS」が開発された2014年を境に大きく変わったのだという。

出典:K2 345話

ほえ~。

一件落着したところで場面は変わり破留島の立ち入り禁止の坑道跡の洞窟。

そこで寝ていた海が目を覚ますとすぐそばには一郎が。

一郎は海を叱ることもなく皆心配しているので帰ろうと促す。

これに対し皆に心配をかけたのになんで一郎先生は怒らないのさ!と海は感情的に問う。

一郎「私には・・・人を叱る資格がないのだよ・・・」

背を向けそう語りながら洞窟の出口に向かって歩き始める一郎。

その頃漁港では幸造を助けたお礼として一也は破留島まで船で連れて行ってもらえることに!

といったところでまた次回。

煽り文「秘密の島へ、いざ上陸」

 

K2 345話感想

K2の電子書籍が2019年1月15日まで半額セール!

海ちゃんがふさぎこんでいるのはやはり父親の死別が原因なのでしょうか。

前回では学校に行かない理由を他に子供がいなくて友達もいないという理由を語っていましたがそれだけではないんでしょうねきっと。

そして一郎の人を叱る資格がないというのはどういう意味なんでしょうか。

まぁまだ学生の一人を育児放棄して失踪したり危ない組織で働いていたり色々とアレな部分もありそうな人物ではありますが。

一也が破留島へ向かうことになりましたがそこでどういった対面をするんでしょうね。

恐らく一郎はパーフェクトクローンの一也の存在は知っているはずで、また一也も一人や村井さん事件のときに話を聞いていたはずなのでどういった展開になるのでしょうか。

私の当たらない予想では炭坑の洞窟が崩れて海ちゃんやべェ!ってなったところに一也登場して治療みたいなのを予想しています。

わざわざ立ち入り禁止の看板を描いていたのはその前フリなのかなと。

【K2】346話「海(カイ)の空(その3)」最新話ネタバレと感想
イブニング2019年4号掲載のK2346話のネタバレと感想です。 前回はいつも通り一也が病人に遭遇しそれを解決したことで医者いらずの島に渡れることになりましたね。 一郎はかつてクローン組織に身を置いていたこともあ...

スポンサーリンク