【キン肉マン】264話「ふたつの宿願!!の巻」ネタバレと感想

出典:キン肉マン264話

 

週プレnews掲載のキン肉マン264話のネタバレと感想です。

先週は休載でしたので2週間ぶりのキン肉マンです!

キン肉マンが休載だと月曜日に日付が変わった瞬間の楽しみがなくてつまんないですよねw

前回ではやはりというか彼らは完璧始祖たちに迫害?された過去を持つ事が明らかになりました。

そして今頃になって地球にやってきた理由も大昔に移住した星の寿命が近いからという理由が語られましたね。

しかし地球にまた移住するならともかく星の滅亡を止める力を求めてというのは一体どういう事でしょうか。

果たしてそのあたりの謎も今回明らかになるのでしょうか。

 

キン肉マン264話ネタバレ

目的は火事場のクソ力・・・そしてすべての神の打倒!

前回に引き続きリング上で語るパイレートマンと疑問を投げかけるキン肉マン。

パイレートマンが言うにはある二つの力があれば瀕死状態にある星を救うことができるという。

まずその一つがマグネットパワーだという。

スグルはその力はお前が使った力なのでは?と疑問を問いかけるがこれは太古の研究記録から見よう見まねで得た真似事らしい。

その真なる研究は地球でしかできないらしくその最新の研究成果を求めてサグラダ・ファミリアに押し入ったという。

しかしそれだけでは足りない事がわかったと語るパイレートマン。

もう一つの力とはその星に住まう「人の力」でこの二つが融合したとき星は生命力を取り戻し蘇るという。

パイレートマンらオメガの民はこの話を聞いた当初は地球に住んでいた頃とは比較にならない何千万という超人強度を見に付けていたことから「人の力」には自信があり安堵したらしい。

しかしそれだけの力を持ちながら彼らの「人の力」は無力だったという。

そうして100万程度の超人強度を持つ超人しかいないにも関わらず繁栄の道を辿る地球に答えがあると考え火事場のクソ力を求めたのだというパイレートマン。

その話を聞きなぜその話を最初にしないのか、そもそもそれなら闘う必要が無いと言うスグル。

出典:キン肉マン264話

スグルはほんとやさしいね。

しかしこの申し出はありがたいが受けれないというパイレートマン。

この厚意に甘んじれば後々にスグルらをダマす事になってしまうらしい。

彼らは星を救うという事とは別に目的があるという。

それはオメガの民を追いやった超人閻魔ことザ・マンの首を獲ることとすべての神の打倒だという。

それを聞いて今のザ・マンなら話せばわかるというスグルだが話しあうつもりは無いと答えるパイレートマン。

スグルはこれを聞きわかり合う為に闘おうとかまえる。

出典:キン肉マン264話

この北斗の拳でありそうな構図、始祖編のザ・マンvs悪魔将軍でもあったけどかっこいいよね。

わかり合う為に闘うことを決意したスグルは火事場のクソ力を発動させパイレートマンの巨体をロックアップの体勢で押し込む!

しかしパイレートマンも8000万パワーを駆使しスグルの勢いを止めギュンギュンと振り回す!といったところでまた次回。

煽り文「言葉は交わした・・・あとは身体をぶつけ合うのみ!!」

 

キン肉マン264話感想

色々とオメガの民の目的と真意が語られましたね。

しかし一つ思ったですが、それなら完璧始祖編のとき乱入すればよかったんじゃね?と思うのは野暮でしょうかw

序盤に乱入してしまうと色々問題がありそうですが悪魔将軍がザ・マンに勝ったあたりで乱入していれば今より楽に悲願を達成できたような気もするのですが・・・

まぁいいや!

それにしてもスグルはやっぱり優しくてかっこいいですね。

この戦いの序盤のアレは一体なんだったのか。

わかり合う為に闘うというのはキン肉マン全シリーズを通して基本的にぶれないのいいですよね。

前回、今回とおしゃべり回が続いて次回からは肉体のぶつかり合いになりそうですが果たしてスグルの火事場のクソ力はパイレートマンの8000万パワーに通用するのでしょうか。

カナディアンマン「ワイが敵うわけなかったんや・・・」

 

スポンサーリンク