【キン肉マン】266話「日本代表の友情!!の巻」最新話ネタバレと感想

出典:キン肉マン266話

 

週プレnews掲載のキン肉マン266話のネタバレと感想です。

先週は休載でしたので2週ぶりですね。

休載の度に言っている気がしますがやっぱり月曜日に日付が変わった瞬間にキン肉マンの更新がないと1日が台無しになるレベルでつまらないですわ。

さておき前回ではパイレートマンはマグネットパワーを使わず地力だけで火事場のクソ力の真価を見定めるという目的が語られました。

その地力はすさまじくキン肉マンのキン肉バスターもあっさりやぶってしまうほどでしたね。

まぁ「キン肉バスター!」→「オメガの叡智をもってすれば!」→パラシュート!の流れには笑ってしまいましたが。

パラシュートの起源はオメガの民だった?

かませ技と化してきたキン肉バスターではありますが果たしてスグルの肉体的、そして精神的なダメージはあるのでしょうか。

 

キン肉マン266話ネタバレ

カナディアンマン木偶の坊呼ばわり

キン肉バスターを返され吐血しながらリングにダウンするスグル。

ミートくんがスグルに声援を送るが気合いを入れなおしたくらいで反撃に転じれると思うその態度が気に入らないパイレートマンはダウンしているスグルに蹴りをあびせる。

蹴りを防御しようとするスグルだがパイレートマンはこれも冷静に対処しスグルの顔面に膝蹴りを連打!

パイレートマン「この程度じゃお前も・・・」

パイレートマン「あのカナディアンマンとかいう木偶の坊と変わらぬわーっ!」

なんでやカナディアンマンがんばったやろ!!

この言葉を聞き悔しがるスグル。

そのときモニターからスグルの試合を観戦していたウルフマンから叱咤激励が!!

カナディアンマンだけではなく過去にスグルと対戦したカレクックたちも皆そいつらにやられてしまった、その上お前までやられてしまうのか、それでも超人オリンピックV2チャンピオンかと心から叫ぶウルフマン。

出典:キン肉マン266話

クサレ木偶の坊なんて言葉初めてきいたよw

しかしこの言葉でスグルは自分だけの闘いではないことを再認識し更なる火事場のクソ力でパイレートマンを背中に抱えたまま立ち上がる!!

新たなる52の関節技キター

立ち上がったスグルの周りには散っていったカレクックたちの亡霊?の姿が・・・

スグル「火事場の・・・友情パワァア~~っ」

なんとスグルはそのままカナディアンマンの新技「リビルトカナディアンバックブリーカー」を決める!

更なる友情パワーで決められたこの技はパイレートマンの怪力でも外せない様子。

しかしスグルはこの技を自ら外し別の技に切り替える!

スグル「これが私が敬愛するカメハメ師匠から最後に授かった52の関節技のひとーつ!」

スグル「シャットダウンクラッチーッ!!」

出典:キン肉マン266話

ついに披露された未発表の52の関節技。

しかしパイレートマンはこの本物の火事場のクソ力の前にこれでこそ地球にきた甲斐があると冷静な様子・・・

といったところでまた次回。

煽り文「この落ち着き嫌な予感・・・」

 

キン肉マン266話感想

パイレートマン結果的には圧勝でしたがカナディアンマンのこと多少は認めていたように見えたのに木偶の坊呼ばわりひどい!

もしかしてカナディアンマンの過去を知っているのでしょうかねw

しかしスグルが他の超人の技、それもなんとカナディアンマンの技を使うというのは胸熱展開でしたね。

まぁあっさりと解いてしまいましたが。

そして初披露となった52の関節技のひとつ「シャットダウンスクラッチ」ですが個人的にはもっと「○○固め」みたいな古臭い名前がよかったかなw

最近の技名はなんかオサレでおっさんにはちょっとついていけないときあります。

完璧に決まった様子のシャットダウンスクラッチですがパイレートマンの余裕?というか嬉しそうな態度は気になりますね。

これで試合終了とは恐らくならないと思いますしパイレートマンもまだまだ底を見せた感じではないですしね。

次回がすごく気になりますが来週は掲載あるようでほっとしました。

 

スポンサーリンク