【キン肉マン】267話「怒涛の関節地獄!!の巻」最新話ネタバレと感想

出典:キン肉マン267話

 

週プレnews掲載のキン肉マン267話のネタバレと感想です。

前回ではスグルが友情のクソ力を発動してカナディアンマンの新技を使用し、そして新たなる52の関節技を披露という少年漫画らしい展開でしたね。

ただよくある展開はここで試合終了ですが前回ラストのパイレートマンの台詞と余裕の表情からまだ試合は続きそうです。

フェニックスの試合も同時進行されていてそちらも気になるので年内にはこの試合に決着をつけてほしいと思っていたのですが微妙かもしれませんね。

果たして求めていた力を目の当たりにしたパイレートマンはどういった行動に出るのでしょうか。

 

キン肉マン267話ネタバレ

パイレートマンの期待と絶望

新たなる52の関節技「シャットダウンクラッチ」でパイレートマンを締めあげるスグル。

しかしパイレートマンはついに求めていた力を発見したかもしれない喜びから笑い声がこぼれる。

そしてパイレートマンは真に役立つ力か確かめる為、8000万パワーの力で技からの脱出を図りこれにあっさり成功したかに見える。

だがキン肉マンもここで逃がすほど甘くはなく流れの中で52の関節技「骨破筋交い絡み(こっぱすじかいがらみ)」に移行!!

完璧に決まってパイレートマンの全身を締め上げるがこれも力づくのフライングヘッドシザースで返し脱出!

力強すぎや!

だがだがキン肉マンもさらにさらに王位継承戦で見せた鞍馬の旋回のようなあれ、52の関節技「グローバルプレーンスピン」で追い討ちをかける!

出典:キン肉マン267話

相変わらずどこに効いているのか、そもそも関節技なのかはわからんがとにかくすごいダメージでついにパイレートマンがダウン!

そしてキン肉マンは勝負どころと見て大ジャンプをしカナディアンマンが付けた胸の傷を目掛けて火事場のクソ力MAXで48の殺人技「フライングパンチ」を放つ!!

パイレートマン「あれを我輩が受け止められるかどうかで・・・」

パイレートマン「決まる!!!」

出典:キン肉マン267話

果たして結果は・・・!?

・・・受け止めちゃったよパイレートマン!!!

強すぎやろ

パイレートマンは受け止められない力であって欲しかったと語りだす。

火事場のクソ力ですらこの程度ならなんのためにここまでやってきたのかと落胆するパイレートマン。

そんな彼の姿を見たキン肉マンからは火事場のクソ力の光が消えていた・・・

といったところでまた次回。

煽り文「火事場のクソ力消火・・・・・・!?」

 

キン肉マン267話感想

この鞍馬の旋回にしか見えない「グローバルプレーンスピン」ですが相変わらず一体なんなのかよくわからん技ですねw

幼少期管理人「これなんで敵にダメージいくの?」

おっさん期管理人「これなんで敵にダメージいくの?」

自分語りで申し訳ないのですが私は学生時代器械体操をやっておりまして弟を四つんばいにさせて背中でこれを試したことがあります。

数回転しか成功しませんでしたが弟の感想は「手が食い込んで痛い」「重い」「こっちがバランスに気を使うわアホ」でした。

さておきパイレートマンこの超人ほんとどこまで強いのでしょうか。

この流れは正直決着ついてほしかったです。

ケンシロウがラオウとのラストバトルで全身全霊の拳を放って貫くシーンでラオウが「フン!」て拳を弾き返してしまったようなもやもやが残ります。

火事場のクソ力も消火してしまったような描写ですし一体どうするのでしょうか。

某掲示板では意外とキン肉マン負け予想が多いのにびっくりしましたが本当にそんな展開があるのかもしれませんね。

でもそうなるとストーリー的にどうなのよ・・・とか思ってしまいますが。

何にせよ来週も更新がありますので落胆したパイレートマンの行動と言動に注目です。

 

スポンサーリンク