【キン肉マン】253話「不公平な神!!の巻」ネタバレ感想

出典:キン肉マン253話

 

週プレNEWSで連載中キン肉マン253話のネタバレです

 

キン肉マン253話ネタバレ

ギアマスターの最期

設定上だけ存在していて本編では披露された事がなかった幻の必殺技「メイプルリーフクラッチ」でギアマスターをマットに沈めたビッグボディ。大歓声を受けるビッグボディ。

「これが・・・勝利というものか」

初勝利おめでとう!!

そのとき瀕死のギアマスターは軒轅星の動きを気にしている様子。

まだ気にしているのかと言うビッグボディに対し、情けないか?お前達にはそう見えるだろう。だが俺たちにとっては大きなことなんだと語り始めるギアマスター。

はるか太古の昔、軒轅星は彼らの先祖の頭上に落ちてきたらしい。

たとえ罪を犯した結果だとしてもこれだけの時を経たのだから許されていることを信じて地球に戻ってきたらしい。

それなのに激しく動く軒轅星。「じゃあど教えてくれよどうすりゃ許してくれるんだ・・・」「俺達の罪は未来永劫許されないって事なのか?」と声を震わせて問うギアマスター。

「すまんなそれについてはオレからはなんとも言えん(しらんがな)」と返事をし背を向けるビッグボディ。

ギアマスター「神ってやつはつくづく不公平だ。なぁお前もそう思わないかビッグボディ?」

ギアマスター「ああ 星が降ってくる・・・せめて流れ星には願いをかなえてもらえる身分に・・・なりた・・・かった・・・ぜ・・・」

その直後軒轅星がギアマスターに落ちる!

なんだこの2コマ落ち漫画感

ビッグボディが救出しようと声をかけるが既にギアマスターは息を引き取っていた。

ビッグボディ「ああオレもそう思うぜ・・・」

ビッグボディ「本当に不公平だ 神ってヤツはな」

そう言いながら天を睨むビッグボディであった。

キン肉マンゼブラvsマリキータマン

場面変わってイタリアのデルモンテ城のリングで激しく殴り合う両者。

両者のボクシング技術もプロレス技術には大差がなさそうな描写。

ギアマスターがやられた事を力あるものだけが生き残る。それが古代から超人界で繰り返されてきた理、力不足で戦場から消えた者をウェットに擁護するつもりは無いと言い放つマリキータマン。

キン肉マンゼブラ「冷たいんだな」

ゼブラそんなキャラだっけ?w

その後も互角の攻防を見せる両者。

そしてローキックがゼブラにヒットし体制をくずしたところにマリキータマンの強烈なアッパーが!

これをゼブラがかわしバックスピンキック炸裂!といったところでまた次回。

キン肉マン253話感想

こちらからキン肉マンシリーズの試し読みができます

 

もう私の印象全部最期の煽り文にもっていかれました!

ラストのコマのゼブラがバックスピンキックを炸裂させるシーンが少年ジャンプ連載時にラストのコマでキン肉マンがゼブラにバックスピンキックをあてるシーンとまったく同じなんですね。

そしてその次の週からゆでたまご先生急病で三ヶ月休載することに・・・

そして今回のこれw

もう前半のビッグボディ初勝利やギアマスターの悲しい最期が吹っ飛んでしまいました。

ちなみに次回は三ヶ月後でも来週でもなく二週間後です。

 

スポンサーリンク