【MAJOR 2nd】157話「ハードペース」ネタバレと感想

出典:MAJOR2nd157話

 

週間少年サンデー2018年47号掲載の「MAJOR 2nd」157話のネタバレと感想です。

前回は張り切る大吾と一部部員(主に太鳳)との温度差が生じてまた一悶着ありそうな展開でしたね。

たしかにいきなり大吾みたいに張り切られてもついて行けない気持ちはよくわかります。

果たしてどちらが折れる形になるのでしょうか。

それともどちらも折れずにグッバイの可能性も・・・?

 

MAJOR 2nd157話ネタバレ

大吾と部員の温度差が・・・

予告どおり朝練中の風林中野球部。

ランニングを行っているが関ちゃんがついてこれない様子。

どうやら膝が痛いらしい。

そんな関に向かって大吾が一言。

出典:MAJOR2nd157話

吾郎から受け継いだ畜生の血が覚醒したか!!

そして一ヶ月で5kgの減量を命じる大吾さん。

中学生に素人がそんなハイペースの減量させてええんかいな・・・

その後グラウンドに沢と太鳳が遅刻して現れる。

沢は寝坊したと皆には言い訳をするが実は宣言通りボイコットしようとしていた太鳳の家まで向かえに行っていたらしい。

沢ちゃんええこやね。

沢「どーせあんた勉強なんてしないでしょう?」

やっぱ畜生だわ。

不満たらたらながら練習に参加する太鳳。

太鳳はガチではなくそこそこで野球をやりたかった様子。

そして肘をやった事のある沢に再び投手をやらそうとしてる事にも不満を持っているらしい。

そして練習後くたくたの女性人が部室の前で着替えの順番待ちをしながらだべっている様子。

千里ちゃんがこんなルーティンで行くのか不安がるが張り切り女子のアニータがうちらは女だし余計にやらないと駄目、怠けたほうが負けと意識高い発言をする。

これを聞いた太鳳は男子と同じペースでやったら潰れる、9人しかいないのに誰か怪我したらアウトと言い放つ。

この言葉にハッとした様子の女性陣。

そして女性陣が部室で着替える順番となり帰宅モードになったところで畜生の血が目覚めた大吾さんがやってきて言葉を発する!

大吾「明日の日曜日も8時集合で。明日は遅刻なしでお願いします」

これにはアニータ以外の女性陣はドン引きするのであった。

帰宅後自宅の庭で素振りをしている大吾の元に現れるもずくちゃん。

なんだ夜這いか?

そんなことはなく何やら話があるという。

出典:MAJOR2nd157話

しかし大吾は無茶とは思わないし強豪はどこもこれくらいやっていると言う。

だがもずくちゃんも引かず関の膝や沢の肘の事を例にあげ怪我をしたら元も子もないと大吾を諭す。

すると大吾は休みたい人は休んでいい、これくらいで音を上げる人は最終的に使えないしいらない、やめてもらっても構わないと発言!!

・・・・といったところでまた次回。

煽り文「やる気の温度差がますます開き・・・次号!!」

 

MAJOR 2nd157話感想

大吾独裁政権の始まりだああああああああああああああああああ!!

大吾、お前と野球やるの息苦しいよ・・・になりつつありますね。

そもそも大吾と太鳳らと野球で目指すモノが違うのでこれは仕方ないのかもしれませんね。

エンジョイ勢からすると強豪校はこれくらいやっていると言われてもそれなら強豪校行けよお前ってなるわけで。

この辺はノゴローの聖秀編もそんな感じだったかな?

でもあっちはノゴロー別に他の部員に無茶はさせてる印象はなかったですけどね。

おでぶちゃんの家庭優先も認めてましたし。

さておき大吾はやめてもらってかまわないと言いましたが新入部員の目処もないのにどうするんでしょうね。

個人的には女性だらけの野球部って設定自体あんま好きではないので本当にメンバー入れ替えてもらっても全然かまわないんですけどね。

もずくちゃんが残ればそれでいいや。

果たして次回お互いに妥協できるラインは見つかるのでしょうか。

 

スポンサーリンク