【MAJOR 2nd】150話「女子の意地」ネタバレと感想

出典:Major2nd150話

週刊少年サンデー2018年39号掲載のMAJOR 2nd150話のネタバレと感想です。

このブログには珍しく少年漫画系ですが何卒お付き合いくださいませ。

3点差のリードを許し最終回2アウトながら満塁のチャンスを作った風林中。

太鳳が放った打球の行方は・・・?

 

MAJOR2nd150話ネタバレ

睦子激走!

太鳳が放った打球は三遊間を抜いてレフト前ヒット!

三塁ランナーアニータホームインで2点差!

さらに二塁ランナーの睦子も一気に本塁へ!!

しかし体力の限界を超えていた睦子は足が痙攣し始める・・・!

倒れるように本塁へ頭から滑り込むと同時にレフトからホームへ返球が。

主審のジャッジは・・・

「セーフ!!」

これで一気に一点差でしかもランナー2,3塁で一打勝ち越しのチャンスに!

しかし睦子は左足がつったらしくホームで倒れ込んでしまっていた。

あ、これ延長なって人数足りなくなってゲームセットのフラグでは・・・?

少したてば治るという睦子はアニータの肩を借りてベンチへ戻るのだった。

ショックをうける道塁ちゃんかわいい

一方道塁は男子ならともかく女子だらけの風林中に打ち込まれていることが信じられない様子。

心ここにあらずな道塁にキャッチャーが沢を歩かせて満塁策で大吾勝負と指示を出す。

納得できない道塁だが従えないなら交代と言う言葉にしぶしぶ納得。

しかしそのかわり大吾にはアレを出してもいいとキャッチャーが言う。

そして沢は歩かされバッターボックスに入る大吾。

出典:Major2nd150話

左のサイドスローからの投球で大吾を1ボール2ストライクと追い込む。

そしてついにアレとやらを出す様子。

アレは県大会の強豪校用の秘密兵器だったがもう手の内を隠す余裕は無くその強豪校は目の前にいると決めついに解禁する。

そしてオーバースローで投げる道塁。

風林ナイン「オ・・・オーバースロー!!」

読者的にはわりとアレの正体予想通りだったオーバースローお披露目したところでまた次回。

煽り文「道塁の奥の手に対し大吾は・・・・・・!?次号!!」

MAJOR2nd150話感想

アレを出すとか卑猥やなあと思った人は心が汚れてますよ。

私はもう真っ黒だからいいんです。

それはさておきアレの正体がオーバースローってのはわりと予想してた方が多かったのではないでしょうか。

少年野球のときもお披露目してましたしね。

つまり大吾は見た事があるわけですしその辺の理由付けで打ちそうな気がします。

それかオーバースローは制球力がイマイチで押し出しとか。

そして前半の睦子の足は大丈夫なんでしょうか。

ネタバレ文中にも書いちゃいましたが大吾が何かしらで塁に出て追いついて裏の守備があった場合ヤバイですね。

追いついたけど睦子ドクターストップで人数足りなくなって負けって展開がほんとありそうな気がします。

なんにせよ大吾の打席次第ですね。

まぁそろそろ打席でも仕事してくれるでしょうきっと。

なんたって4番ですしね。

 

スポンサーリンク