【ライドンキング】5話「大統領と魔狼の女帝(ブル・ガルム)」ネタバレと感想

出典:ライドンキング5話

 

月刊少年シリウス2018年11月号掲載のライドンキング5話のネタバレと感想です。

前回ではケンタウロスの里に向かう道中でオーク軍相手に無双し、ロ○BBAエルフのカーニャを救出した大統領。

ボッチくんもやたらとキャラ立ちしたり北斗の拳やキン肉マン、そしてマジンガーのパロがいっぱいでカオスな回でしたね。

ロ○BBAと同行することになった大統領一行ですが果たしてケンタウロスの里までにまだ波乱はあるのでしょうか。

 

ライドンキング5話ネタバレ

騎士団ちゃんと尾行してたんか!

前回お亡くなりになったハイオークの魔石で自身の剣を強化するサキ。

すると「雷の魔剣+1」から「雷鳴剣+5」にレベルアップ!

風来のシレンみたいって思ったけどあれは武器名は変わらんかったっけたしか。

スーファミとゲームボーイのしかやってないからそれ以降はしらんけど。

ハイオークの魔石はとても貴重で一介の冒険者には流れてこないシロモノらしい。

既に大統領に投資した金額の何倍も回収したことになったサキとベルはこの事実は大統領に黙っていることに!

せこい・・・

大統領きっとそんな事気にしないというか興味ないと思うよ。

一方大統領は○リBBAと談笑中。

どうやら大統領はロ○BBAの生木から物を作り出す能力に感嘆している様子。

そして就寝となるがホッチの体は暖かくホッチベッドと呼ばれ冒険者に愛用されているという説明文が。

出典:ライドンキング5話

ボッチくんすげえ嫌そうw

嫉妬してるんだろか。

そしてその様子を物陰から監視している人影が。

そこには尾行していた騎士団と彼らに雇われた魔狼を操る「スミリル」が率いる山賊団が。

魔狼の首にはジェラリエが騎乗していたケンタウロスに装着されていたのと同じ隷属の首輪が嵌められている。

どうやら彼らから隷属の首輪を流してもらっていたらしくその事もあって山賊行為を見逃されている様子。

監視を山賊団に任せ森を後にする騎士団だったがスミリルは騎士の言いなりになるようなタマではなく騎士がいなくなった後、夜明けと共に大統領一行を襲う計画を立てる。

終わったなこいつら。

相手のプライドの為には騎乗欲を抑える事ができる大統領

夜が明け大統領たちのキャンプ地に矢が打ち込まれ山賊たちが取り囲む。

しかし前線には山賊ではなく隷属の首輪を嵌められた少年達が。

これには興ざめする大統領だがスミリルが魔狼に騎乗している姿を見つけてしまう。

出典:ライドンキング5話

予想どおりの反応を見せてくれる大統領。

そのとき狼の首に隷属の首輪がはめられている事に気づく。

大統領は前線に立たされている子供たちの首輪を見て憤慨。

そして大統領を縛ろうと近づいた山賊の首に手を突き刺しまずは1KILL!

それと同時にサキも雷鳴剣+5から雷を放ち別の盗賊を1KILL!

初めてサキが有能な行動したね。

サキ「私、子供とワンコをイジめる奴がこの世で一番嫌いなの」

ベルも初耳のサキちゃん情報だったらしいがこれに同意したベルは補助魔法でサキを支援しさらに3KILL追加!

ついでにボッチも前回覚えた回し蹴りで山賊を撃退中!

業を煮やしたスミリルは隷属の首輪が嵌められている少年達と魔狼達に突撃を命令。

子供と狼を傷つけたくない様子の大統領を見てベルが大統領の魔力なら隷属の首輪の命令を上書きできるかもしれないと助言する。

出典:ライドンキング5話

さすがだぜ大統領!

見事に命令の上書きに成功し、その隙にボッチが北斗神拳伝承者のような飛び蹴りで魔狼に騎乗している下っ端山賊たちを撃破!

そして魔狼の首輪を引きちぎろうとする大統領。

しかしベルがそれを制止。

隷属の首輪は無理やり引き剥がすと頚動脈が切断させるとんでもない作りとなっているとの事。

解除方法をスミリルをぼこって聞き出そうとするサキちゃん。

しかしスミリルは騎乗しているのは魔狼の女帝に命令し大統領を襲わせる!

そして肩をがっぷり噛まれる大統領!

しかし古流空手で鍛えた大統領の体は魔狼の女帝ですら完全に歯が通らず噛み砕くには時間がかかると言う大統領。

その間にスミリルを捕らえる様指示する大統領。

出典:ライドンキング5話

ボッチ顔w

抵抗するスミリルだがあっさりとサキが雷鳴剣でダウンさせボッチが踏みつけ捕獲成功!

解除方法を尋問するサキだがスミリルが言うには首輪に3つ付いている魔石を1つだけ、もしくは2つ同時、または3つ同時と7パターンの解除方法があり毎日正解が変わる為、精霊眼の持ち主でもないかぎりその日のパターンは見破れないらしい。

もちろんスミリルは精霊眼の持ち主ではない。

そのとき魔狼の女帝の首輪の魔石に木のダーツが突き刺さりここまでほとんど出番がなかったロ○BBAが破壊する石を指示!

○リBBAの指示を信じた大統領は指示通りの魔石を破壊すると魔狼の女帝の隷属の首輪が無事解除!!

スミリル「精霊眼を持っている人間が簡単に・・・」

スミリル「数百年生きてきた魔導師かエルフにしか・・・」

やっぱりBBAやんけ!

そして大統領はスミリルの処分を魔狼の女帝に委ねる。

命乞いするが一瞬でかみ殺されるスミリル。

そんなスミリルを哀れむ大統領。

そして彼の騎乗が羨ましかったがこれ以上女王の誇りを傷つけるわけにはいくまい・・・と騎乗を諦めた様子でまた次回。

 

ライドンキング5話感想

ライドンキング1巻の電子書籍が2019/01/15まで半額セール!

前回のコメントにもいただきましたがボッチくんはやっぱりメスなのでしょうか?

ロ○BBAエルフが一緒に寝たいといったときの顔が怒りとも嫉妬とも取れる絶妙な表情してましたがどうなんでしょう。

そして騎士団無能すぎやしませんかね・・・

ネタバレ文には書きませんでしたがお嬢様の大望を叶える為にはなんでもするという事ですがあっさり追跡を山賊なんかに任せて町に帰っていくとかどの口が言うのか。

大統領一行がやられてたら結局ケンタウロスの里は見つからないでしょうし大望とやらも遠のくところでしたね。

そして今回初めて先が戦闘で役にたちましたねw

前回もゴブリンと闘っていましたがボッチの活躍に霞んでしまっていましたし。

それと大統領は何より騎乗欲を満たすことを優先する人間かと思っていましたがそうではないようですね。

まあよく考えたらバカンスしたいのを我慢して大統領の激務やっていたわけですから当然か。

でもなんとなく次回はなんだかんだで魔狼に騎乗してそうな気がしますw

そうなったらまたボッチが嫉妬しそう。