【ライドンキング】1話 「大統領と火炎翼竜(ワイバーン)」ネタバレ感想

 

 

月刊少年シリウス7月号より新連載のライドンキングのネタバレと感想です。

 

馬場康誌が異世界転生モノを引っさげて月間シリウスに連載開始!

「ゴロセウム」や「空手小公子 小日向海流」でマニアックな読者に圧倒的支持を得ていた馬場康誌がなんと異世界転生モノの漫画で連載開始!

簡単なあらすじとしては騎乗欲がものすごい格闘技の達人、プルジア共和国終身大統領の「アレクサンドル・プルチノフ」が事件に巻き込まれて異世界転生してしまうといったお話。

・・・なーんか絵といい設定と見覚えがありますね。そう某掲示板等である意味本編より有名になったあの「ゴロセウム」のおまけ漫画として描かれた「ゴロセウム番外編 異世界遊戯」そっくりw(某国最強大統領そっくりとは怖いので言わない)

読み始めたときそれが連載になったのかと思いましたよ!

ちなみにその「ゴロセウム 異世界遊戯」はニコニコ静画で無料で読めますので良かったらどうぞ。

http://seiga.nicovideo.jp/watch/mg199916?track=ct_episode

ライドンキング1話ネタバレ

プルジア共和国終身大統領アレクサンドル・プルチノフ出勤

1ページ目から当たり前のように虎に乗って出勤している大統領!?彼はとにかく乗る事がすきであらゆる動物も機会もあげくの果てには国家にも乗ってしまったとの事。

騎乗欲を満たしてくれる未知なる乗り物を探して長期休暇を取りたい様子だが大統領の彼にはそんな暇はない。

部下がミサイル防衛の近代化を提案するもあんなのは乗れないだろと却下。

しかし宇宙ロケットは乗れるかもしれないので許可。ぶれない大統領かわいい。

そんな欲望に忠実な大統領だが強い男を尊ぶプルジアの人々はプルジア開放の英雄であり数々の黒帯をプルチノフを大半が支持しているとの事。

大統領すげえ!

プルチノフ大統領そして異世界へ

政務など放り出してどこか見知らぬ大地を駆けてみたいがそんな事は夢のまた夢だな、と心でつぶやく大統領に突然トラックに乗った刺客が突っ込んでくる!

異世界転生のテンプレ展開きたあああああああああああああああああ

と思ったらトラックを背負い投げする大統領。

大統領すげえ!フラグ回避!!

と思ったらトラックの衝撃でプルチノフの大きな銅像の首が崩れ大統領に直撃!やっぱりフラグからは逃げれなかったよ・・・

異世界でも最強大統領は最強

謎の洞穴で目が覚めたプルチノフはテロリストにやられた物だと思い光をたどって脱出。するとそこには

巨大なワイバーンに襲われている女の子が!

ものすごい顔で「!?」となる大統領。そらそうだ。

女の子が大統領の方向に逃げてきたのをきっかけにワイバーンの炎に襲われる大統領だが土を蹴り上げこれを回避!もう人間技じゃねえ!

どうやら大統領は暗殺者がNASAやハリウッドの技術を使って襲ってきていると勘違い。大統領って大変。

そしてドラゴンスクリューでワイバーンを投げ飛ばし騎乗!!!

「この心地・・・」「これは・・・」

「未知の騎乗感!!」

「し、至福・・・!!」

機械ではなく本物ということか!?と理解が追い付かない様子でものすごい変顔していたら振り落とされてしまった大統領。

「待つのだ!もう少し私をその背に・・・!!」

するとそこに先ほど襲われていた女の子二人がお礼を言いにやってくる。

冒険者のサキと魔法使いのベルと言うらしい。

彼女らにワイバーンのような生物は沢山いると教えてもらい心躍る大統領。

大統領就任以来初の長期休暇、

「騎乗休暇(ライドンタイム)のはじまりである!!」

といったところで今回はおしまい

ライドンキング1話感想

ライドンキング1巻の電子書籍が2019/01/15まで半額セール!

まさかのプーチn・・・ごほんごほん、、大統領が異世界転生w

設定もゴロセウムのプーチノフ大統領をかなり引き継いでますね!

この作者、プロレスが大好きでいつも作品の中にプロレスネタを仕込んでくるのですが今回はさすがにないかなって思ってたらまさかのワイバーン相手にドラゴンスクリュー(笑)

さすがです

異世界転生モノの漫画といえばいわゆる「なろう」系を想像すると思いますがこれはまったく別物ですね。なろう小説系の漫画が嫌いな方でも読めると思います。

今後大統領がどのような騎乗を見せてくれるのか久々に次回が楽しみな漫画がでてきましたので次回もレビューしたいと思います。

 

スポンサーリンク