【リクドウ】212話「王者の圧力」ネタバレと感想

出典:リクドウ212話

 

ヤングジャンプ2018年46号掲載のリクドウ212話のネタバレと感想です。

ついにパンチが交錯し始めた両者ですがまずは椿が王者陣営の予想を超えるスペックを見せ付けてくれましたね!

前回のラストでは最愛の子供達の声援を背に打ち合う姿勢を見せ椿のカウンターと王者のパンチが交差した場面で終了でしたが果たして・・・?

 

リクドウ212話ネタバレ

底が見えない王者・・・!

ゴングと同時に交錯する椿と王者のパンチ。

打ち勝ったのはなんと椿!!

実況アナウンサーが言うには王者が1Rから血を流すほどダメージを負うのは初めてのことらしい。

コーナーに戻った王者にセコンドが椿と手合わせした感想を聞くと拳を交えてきた中で一番学ぶ事が多い選手だと最大限の評価をする王者。

しかしこの発言を聞きいつも通りの王者だと安心するセコンド。

一方の椿陣営。

コーナーに戻ってきた椿の耳からなんと流血!

ラウンド終了時にかすめた王者のパンチで出血した様子。

しかし椿はビビることもなく「さすがは俺の夢。頂はまるで見えませんね」と嬉しそうに話す。

そして第二ラウンドのゴングがなると椿はトップスピードで王者を翻弄し早速カウンターを顔面にヒット!

するとそのとき王者はスイッチが入ったかのようにスタンスを広げじりじりとものすごい圧力を椿にかける!

出典:リクドウ212話

そして間合いを詰め右ストレートを放つ王者。

そのパンチを椿は腕でガードしたがとんでもない威力に椿の右肘付近の肉が凹み骨が悲鳴を上げる!!!

ガードされたただの右ストレートに静まりかえる会場。

椿「さすが王者」

椿「一発で場の空気を変えた」

そして王者がまた戦車のようにじりじり圧力をかけ間合いを詰め始めたところでまた次回。

煽り文「本領発揮・・・!!!」

 

リクドウ212話感想

リクドウの電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール!

前回クロスカウンターの交差で終わっていたので今回はいきなり椿がぶっ飛ぶとこから始めるのかな?とか思っていましたがそんなことは無く1Rは完全に椿のラウンドでしたね!

そしてこの王者は相手から学ぶ姿勢がいつものことのようでほんと性格も実力も完璧超人ですね。

さらに美人嫁にかわいい子供までいるとかもうボクサーでいる必要あるのでしょうか?w

お金もだいぶ稼いでるでしょうし。

さておき押せ押せの椿陣営と会場でしたが王者のパンチと表情がいちいちほんと怖いですね。

対戦相手のほとんどを再起不能に追い込んだとかいう昔のボクシング漫画でもそこまでの設定はなかったパンチ力を持つ王者にあの顔でジリジリ間合い詰められるとか漏らしてしまいそうです。

果たして押せ押せムードから一変してしまった流れを再び椿は奪い返すことはできるのでしょうか。

次回は王者のターンなんでしょうねきっと。

 

スポンサーリンク