【リクドウ】216話「馬鹿」最新話ネタバレと感想

出典:リクドウ216話

 

ヤングジャンプ2018年50号掲載のリクドウ216話のネタバレと感想です。

前回、というかここ数回ずっと王者TUEEEで椿は厳しくなってきましたね。

しかしラストに三原が心配している顔が視界に入り覚醒フラグのスイッチのような描写にも見えましたが果たしてこの絶対王者を打開できるほどの覚醒っぷりを発揮できるのでしょうか。

覚醒スイッチとはまた違うのかもしれませんが王者ももしピンチになったらリングサイトで見ている子供達の声が力になるんでしょうしちょっとやそっとの覚醒では勝てそうにはないですよね。

まぁまずはこのラウンド生き残れるのか話はそれからですね。

 

リクドウ216話ネタバレ

椿・・・キレイな目しやがって・・・

5R終盤、なおも止まらない王者のラッシュ!

プライドの塊のような椿がなんとクリンチをして難を逃れなんとかこのラウンドをしのぎきる。

コーナーに戻る椿を鋭い視線で見つめる王者。

王者「サムライの行動パターンは思った以上に不規則なものだ・・・」

王者も見た目ほど余裕ではなさそうな感じ。

一方椿陣営。

椿がクリンチで凌いだことが信じられないと言いながらカットマン作業を行うパパ兵動。

出典:リクドウ216話

なんだぁ?

椿が女の子になっちゃった!?

この闘志が感じられない椿に違和感を覚えるパパ兵動。

椿は保っていたモチベーションが崩れたことを話す。

パパ兵動「いつも通りを貫いた者が勝つ。お前はジャックナイフだろう」

椿「俺のために熱くなるなんて会長こそらしくないですよ」フフ

いちゃつきやがって!

パパ兵動はこの場面で肩の荷をおろしてすっきりした様子の椿がわからなくなったらしい。

椿覚醒か!?

6Rのゴングが鳴りふたたび強打を振り回す王者。

なんと椿は王者の強打に手数を増やして相打ち狙いで打ち合いを始める!

椿のパンチも当たってはいるが王者の強打もまた椿を捉える。

その椿らしくない闘い方に三原はぶっ壊されてしまうと泣きそうなほど心配の表情。

三原「何で馬鹿やってんスか?椿さん・・・!」

そのとき三原の目には椿が背中で王者になったら復帰しろという言葉を語っているのに映る・・・!

そして椿は右のパンチを放とうとしそれに左を合わせる王者。

カウンターを取られるかと思ったそのとき、なんと椿は無意識に左のショートを繰り出し王者の顔面を逆にカウンターで捉える!!!

目から光が消える王者。

リク「今椿さんは・・・思考を捨てて拳で動いている!」

といったところでまた次回。

煽り文「覚醒の一打・・・!!」

 

リクドウ216話感想

リクドウの電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール!

すっきりした椿なんかかわいいスねw

そりゃパパ兵動もわからなくなりますわ。

そしてやはり三原が覚醒のキーでしたね。

ただ言ってはなんですがこの程度ではとてもまだこの王者に勝てる気がしませんね。

まぁまだ覚醒したてなのでどれほどのモノなのかは次回を見てみないとわかりませんし一応最後のショートパンチで試合終了の可能性もありますけどね。

ないですかそうですか。

三原が椿を壊れてしまうと心配していましたがこれが椿リタイヤのフラグになってそうで怖いですね。

王者もまだ底を見せていないでしょうし「グッバイ、カズマツバキ」の展開も十分にありそうです。

果たして次回、この覚醒は逆転へのきっかけとなるのでしょうか。

それとも王者の本気を引き出してしまって・・・・

スポンサーリンク