【リクドウ】217話「追われる者」最新話ネタバレと感想

出典:リクドウ217話

 

ヤングジャンプ2018年51号掲載のリクドウ217話ネタバレと感想です。

圧倒的なボクシングを見せる王者に対し前回ついに椿が覚醒しましたね!

ただ大方の予想通り三原が覚醒のキーとなった描写でしたが正直覚醒イベントとしては弱いかなといった印象を受けました。

しかしながらラストページで王者が視線を落とすような描写がありこれが何を意味しているのか非常に楽しみです。

 

リクドウ217話ネタバレ

鉄から水

相手が変わったのかと困惑する王者。

初めは鉄だった椿の印象が水へと形の無いモノへ変化する。

椿は「激流を制するは清水」といったどこぞの北斗4兄弟次男のような動きでするすると王者のパンチをかわし的確にカウンターを打ち込む!

フレディいわく、ベルトを意識しなくなったことで脱力によって自由に攻めているとのこと。

リク「椿さんはあるべき姿に戻れたんだと思います」

リク「追われる者として」

ここでサブタイトル回収。

フレディはそんなリクに対し、モチベーションをはっきりされてあそこまで強くなるならボーイ(リク)が本当の闘う理由を見つけたときどうなっちゃうんだろうねと意味深な発言をする。

これにリクと苗ちゃんはこの表情。

出典:リクドウ217話

何言ってんだこいつは・・・と思っているのか思うところがあるのかは不明だがなんか焦っている様子(主に苗ちゃんが)。

王者の底力

そして試合のほうは椿が押せ押せムードのままあっという間に10Rへ。

心配そうにダディを見つめる子供たち。

「ダディ・・・負けちゃうの?・・・・・・」

出典:リクドウ217話

瞼から流血する王者の視線の先には最愛の子供たちが・・・

王者覚醒フラグ!!

グロッキー寸前だった王者は家族の恐怖を打ち砕く為、強烈な右ボディを放ち椿のアバラを粉砕!!

しかし椿も王者の顔面に打ち返し足を止めての乱打戦の模様に!!!

王者のセコンドいわく椿だけではなく王者もゾーンに入っている様子。

そして王者が放った左フックが椿の顔面にヒットし椿は眼底骨折のような描写が。。

しかし戦闘意欲は衰えない椿。

椿「初めてだ・・・こんな単純なボクシングは・・・」

椿「この果てに俺の完成形がある」

といったところでまた次回。

煽り文「限界の先へ」

 

リクドウ217話感想

リクドウの電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール!

椿さんこれ勝とうが負けようが大怪我で引退しそうなほど身体やばそうですね。

どんな大怪我でも作中時間数分で回復するタフとか男塾ならともかくリクドウでそれはなさそうですし。

それと王者にもやはり子供絡みで覚醒イベントきましたね。

これは大方の予想通りなのではないでしょうか。

次回予告が「次号、タイトルマッチの行方は?」なので次回で決着かもしれませんね。

そうなると普通に考えたらやっぱり椿の負けかなぁ・・・

今回フレディがリクの覚醒のツボについて触れたような描写もありましたしこの王者がリクにとってのラスボスとなるのでしょうか。

家族持ちボクサーはひどい負け方することが多い印象があるリクドウですが果たして・・・

 

スポンサーリンク