【リクドウ】219話「12ラウンド」最新話ネタバレと感想

出典:リクドウ219話

 

ヤングジャンプ2019年1号掲載のリクドウ219話ネタバレと感想です。

一進一退の攻防を続ける椿と王者ですがついに局面は最終ラウンドまできてしまいましたね。

王者のチート破壊力と自動追尾機能付きパンチで最後の最後で絶対絶命の椿ですがここにきてさらなる覚醒がありそうな引きでした。

果たして椿は「完成」に達した攻撃で王者の意識を刈り取れるのでしょうか。

 

リクドウ219話ネタバレ

椿さんの刀はもっとスゲェんだよ

視線で椿に動きを誘導されていたことに気付く王者。

椿の勢いの気圧され王者は後ろ足に体重を乗せた体勢になってしまう。

王者セコンド「マズイーあの瞬間は戦車でなく・・・」

 

「ただの人間だ」

 

その瞬間椿の左ストレートが王者の顔面に直撃!!!

涙を浮かべる王者の子供たち、そして静寂に包まれる会場。

しかし三原は表情を曇らせる。

三原「ちきしょう・・・椿さんの刀(パンチ)は・・・」

出典:リクドウ219話

完全に王者の意識を刈り取ったかに見えた椿のパンチには既に力は無く王者の反撃となるラッシュをまともに浴びる椿・・・

これはグッバイカズマ・ツバキ・・・なのか・・?

そして判定へ

椿は滅多打ちとなり静まり返る武道館・・・

椿陣営セコンドの髭がタオルを投げ込もうとするが腕を掴みそれを厳しくも悲しい目で静止するパパ兵動。

王者は椿を恐れるようにパンチを繰り出し続ける。

王者「撃った者は蘇らない。そう己に言い聞かせていた」

王者「そうしなければ」

出典:リクドウ219話

やはり王者も人間だったか・・・

しかし椿はこのグッバイ確実な局面でなんと王者のパンチをいなし打ち合いを演じる!!!

この絶対王者が倒しきれないボクサーがこの世にいることが心から信じられない王者セコンド。

そしてついにゴングが鳴り試合の行方は判定へ・・・といったところでまた次回。

煽り文「フルラウンドの死闘・・・!!!!」

 

リクドウ219話感想

リクドウの電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール!

椿が起死回生のパンチを放ってやったぜ!!からのもう拳に力は無かったのか(絶望)のパターンを見て釣り船屋の息子漫画と同じやんけ!と思ってしまいました。

でもその後のラッシュでこのまま壊されてKO負けかと思いましたがまさかのもう一踏ん張りがありましたね。

恐らく次回で判定負けということになるのでしょうが椿は身体のダメージ的にこれで選手生命お終いな気がしますよね。

それを受けて三原復帰するのかな?

ただいまさら復帰したところで選手としてはリクとも世界とも遠いしなぁ・・・

何にせよ次回で試合結果が出てその後リクの進む道というか目標がはっきりとしてくると思いますので楽しみはまだしばらく尽きませんね。

 

スポンサーリンク