【リクドウ】205話「普通の人間」ネタバレと感想

出典:リクドウ205話

 

ヤングジャンプ2018年39号掲載のリクドウ205話のネタバレと感想です。

前回椿のトレーナーになるようパパ兵動からオファーを受けた所沢。

ノリ気ではなかった様ですがやはり前回の引きからして三原が側につく展開になるのでしょうか。

またパパ兵動は仕事が終わって股間のコリを無事ほぐせたんですかね(ゲス顔)。

 

リクドウ205話ネタバレ

すべてを切り捨ててきた椿

椿が水木のボラードをマスターしスパーリングパートナーに決めるシーンからスタート。

トレーナーのフレディに加え各国のトップボクサーがスパーリングパートナーとして集まっており椿はますますレベルアップしている様子。

そんな椿のスパーリングを眺めていたパパ兵動は所沢との会話を回想する。

回想によると所沢はきっぱりとトレーナーのオファーを断ったらしい。

パパ兵動「王者になった芥生君の動き・・・偶然の一致とは思えない程キミと被るモノがあった」

パパ兵動「何か特別な関係があるんだろう?」

あれ、パパ兵動は所沢とリクの関係知らなかったんだ?

意外というかなんというか。

パパ兵動の政治力で全部わかった上で話してるのかと思ってた。

所沢にフラれて日本に戻ってきたパパ兵動だったが椿は所沢から得たかった「脱力」の技術をボクシング以外のすべてを切り捨ててきた椿は既にその技術を手にしており骨折り損だった様子。

しかし三原はそんな椿を心配そうな表情で見つめているのであった・・・

王者の強さの秘密は「普通」

場面変わってトレーニング中の王者。

彼はなんとすでに30R分のシャドーボクシングを行っているという。

椿を過大評価しすぎだという王者のトレーナー。

しかし王者はパーフェクトな仕事をしなければ確実に斬って捨てられると一切妥協する様子はない。

ジムの仲間が王者はストイックで自分達凡人とは違うなぁ~とだべっているとトレーナーがそう思うかね?と近づく。

トレーナーいわく王者もキミ達と何ら変わらない普通の人間だよとのこと。

場面変わって車を運転する王者。

どうやら娘を学校に送り届けているらしい。

出典:リクドウ205話

あああああかわいいんじゃ~~~

トイレしたいから一回家に戻ってとわがままを言う王者の娘。

家に戻る前に妻の朝食も買ってから一時帰宅する王者。

トレーナー「家庭を守り続けるために世界一敗北に臆病だから強いんだよ」

王者の強さの秘密が明かされたところでまた次回。

煽り文「これが世界最強のボクサー」

リクドウ205話感想

リクドウの電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール!

 

やっぱり所沢はトレーナーのオファーを断りましたね。

まあ物語的に所沢の使いどころはここではないと言ったところでしょうか。

そして椿と王者が対照的な描写をされてますね。

どちらもストイックなのは同じですが目的と心の支えが違うというか。

すべてを捨てて闘う男VS愛するものを守る為闘う男の様相といったところでしょうか。

読んでてなぜかラオウとケンシロウが頭に浮かびました。

椿は愛ゆえに闘う王者の強さにやられそうになるも三原の存在のおかげで息を吹き返す的な展開になるんでしょうか。

とすると三原はユリアになるわけか!

椿=ラオウorサウザー

王者=ケンシロウ

三原=ユリア

こんな感じ?

ぶっちゃけ三原はユリアよりかわいいと思いますし適役。

まあさておき王者は家庭と立場を守るため強いってのはボクシング漫画の王道ですね。

スペック的には王者にも劣ってはいなさそうな椿ですがこのあたりの差で大苦戦するんでしょうね恐らく。

次号予告によると三原が動くらしいですが椿はどういった反応するのでしょうか。

最初は拒絶するんだろうなあ。

でもなんだかんだあって側にいてもらうことになるといったところでしょうねきっと。

 

スポンサーリンク