【TOUGH外伝 龍を継ぐ男】126話「まさかの一撃」ネタバレと感想

出典:龍を継ぐ男126話

 

週プレ2018年41号掲載の「龍を継ぐ男」126話のネタバレと感想です。

前回新登場した中国の改造人間「大虎一号」と対峙したガルシア。

開催者のキー坊の思惑を外れ日米戦闘マシーン対決の様相となってしまいましたが果たしてかませ丸出しの大虎一号はガルシアから金星を勝ち取ることはできるのでしょうか。

まあ一撃絶命鉄宝流空手最高指導者木村大観のようにあへあへあへで終わってしまう気がしてなりませんが。

それとやっと闘ったと思ったらなんかパっとしなかった(孫健一がわるい)龍星がキー坊に喧嘩を売っているようですがこちらの闘いも始まるのでしょうか。

おとんの動きも気になりますし色々ごちゃごちゃしてきましたね。

 

龍を継ぐ男126話ネタバレ

キー坊に相手にされないんだ。悔しいだろうが仕方ないんだ

ガルシアの攻撃を受けても平然としている大虎一号。

しかし彼の体の三分の一は強化超合金でできているらしく強力なプレス機がないと壊すことはできないらしい。

ちょっと何言っているかわからんので強化超合金でググッたら一番上にマジンガーZの超合金Z出てきたわ。

 

ガルシアはそんな言葉に耳を傾けず顔面に強力なパンチを連打!

しかしそんなガルシアのパンチをぺしぺしうるさいと言い放ち平然としている大虎一号・・・!

砂煙の中から現れた大虎一号の顔は皮膚が剥がれ内部の機械が丸出しに!

これには冷徹な格闘マシーンのはずのガルシアも冷や汗をかいてドン引き。

すると今度は大虎一号がガルシアに強烈なパンチを胸にヒットさせると2ページぶち抜きで吹っ飛ぶガルシア!!

場面変わってキー坊と龍星。

孫健一との闘いでボロボロの体にも関わらずキー坊と闘う意思を崩さない龍星。

キー坊「まるでワシに恋でもしとるみたいやのォ」

龍星「なめるなっ」

龍星は蹴りを繰り出すがキー坊はこれを難なくジャンプでかわしパイプの上へ。

キー坊は龍星ではなく尊鷹の足を切断するほどの史上最強のファイターガルシアとやりたいといいパイプの向こう側にいるガルシアの方へ視線を向ける。

龍星ちゃんフられちゃったね。

しかしキー坊の視線の先には思いもよらない光景が・・・!

出典:龍を継ぐ男126話

アメリカを超えたと喜ぶ呉、手加減したのに殺してもうたわとドヤってる大虎一号、信じられない表情でこの光景を見ているキー坊といったところでまた次回。

煽り文「まさか人間兵器(ガルシア)が・・・」

 

龍を継ぐ男126話感想

なにっTOUGH 龍を継ぐ男の電子書籍が2019/1/15まで50%還元セール中!?

なんだぁっこの展開は!?

大虎一号の見せ場はバッキー亮をぶっころしたところがピークなのではなかろうかと思っていましたが・・・

ガルシアは本当にお亡くなりになっているのでしょうか?

ボスが大虎一号及び中国に切り替わるって展開にはならないと思いますが即死って言い切っちゃってますしどうなんでしょう。

そして龍星くんは相変わらず見せ場もらえませんね。

関係ないですがキー坊が龍星のキックをジャンプでかわして華麗にパイプの上に移動するシーンでそういえば初期キー坊の夢はアクションスターになることだったなあとか思い出してしまいました。

さておきもう大会の様相を保っていない血の謝肉祭ですが果たしてガルシアはここから復活して大虎一号をあへあへあへさせれるのでしょうか。

それともキャラの使い捨てに定評のある猿先生ェの新たなる犠牲者となってしまうのでしょうか。

どんな展開になろうとも訓練されたマネモブ読者は驚かないと思いますがガルシアほどのファイターが猿空間入りはやめてほしいっス。

忌憚の無い意見ってヤツっス。

 

スポンサーリンク