【TOUGH外伝 龍を継ぐ男】132話「針一本」ネタバレと感想

出典:龍を継ぐ男132話

 

週プレ2018年47号掲載の「龍を継ぐ男」132話のネタバレと感想です。

尊鷹の回想とキー坊とガルシアの闘いの二元中継が続いていますが前回語られた鬼龍自身もバースト・ハート宣言にはびっくりしました!

果たして鬼龍の目的とはバースト・ハートを克服したガルシアの心臓移植だったのでしょうか。

そして毎回言っている気がしますが龍星はもうこれ出る幕無いのでは・・・?

OTONの動向も気になりますし猿先生は色々広げた風呂敷をたたむことが出来るのでしょうか。

 

龍を継ぐ男132話ネタバレ

龍星は虎丸、富樫枠?

ガルシアのミドルキックを脇腹に受けつつキャッチして破心掌をクリーンヒットさせるキー坊。

相打ちの様相だがキー坊が脇腹をおさえ一歩後退!

その隙にガルシアは再度強烈な蹴りを放つがキー坊はこれをギリギリ回避。

出典:龍を継ぐ男132話

ここまでの攻防をただひたすら実況するドラゴン・スターさんの図。

もうこのポジションが板についちゃったね。

龍星いわくもう一発脇腹にいいのが入るとヤバイらしいがキー坊はなんと脇腹を蹴ってこいとガルシアを挑発!

それを見たガルシアは怖い表情でパンチをボボボ!

これをすべてかわすキー坊だがガルシアの正面に動いた瞬間強烈なミドルキックが脇腹に炸裂!!

出典:龍を継ぐ男132話

しかしこれは幽玄の技だろうか?

ヒットしたと思ったガルシアの蹴りはキー坊をすり抜ける!

蹴りが空を切ったガルシアの前には幽霊のように立つキー坊の影が・・・

鬼龍おじさん活法は苦手だったのでは?

場面変わって鷹兄ぃの回想。

しばらくこの二元中継で行くのだろうか。

鬼龍がバースト・ハートだと言う事を信じない鷹兄。

鬼龍いわく今まで誰にも言わなかったらしい。

そして初めて症状が出たのは17歳のときだと語る鬼龍。

鬼龍「俺のことを悪魔を超えた悪魔と揶揄する輩がいるが・・・」

鬼龍「俺の背中にベッタリ張り付いていたのはいつも死神だった」

あんた自分で「俺は悪魔を超えた悪魔と呼ばれた男だぜ(ドヤ」って楽しそうに自称してませんでしたっけ・・・

まぁさておきでもお前生きてるやんと指摘する鷹兄ぃ。

鬼龍いわく灘神影流の活法で奇跡的にバースト・ハートを止めるツボを押す事に成功していたらしい。

そしていつもベルトのバックルに針を忍ばせているのはこの為だと語る鬼龍。

出典:龍を継ぐ男132話

むしろ武器として使われたことってありましたっけ?

しかしバースト・ハートを克服したわけではないという鬼龍はそろそろこの心臓と決着をつけたいと語る。

尊鷹「お前は本気でガルシアからの心臓移植を考えているのか?」

と鷹兄ィがドン引きなのか怒りなのかよくわからない表情で問い詰めたところでまた次回。

煽り文「鬼龍の思惑とは・・・!?」

 

龍を継ぐ男132話感想

なにっTOUGH 龍を継ぐ男の電子書籍が2019/1/15まで50%還元セール中!?

今回は(今回も?)あんまりお話は進まなかったですね。

まずキー坊ガルシアパートですが攻防の絵にひたすら龍星の実況解説台詞があることに笑ってしまいました。

もう男塾で言うところの虎丸や富樫、良くて雷電ポジションがすっかりはまってしまった気がします。

まったく龍星の容姿端麗、天才的頭脳の設定が生かされた事が無い気がするのですが猿先生忘れてそう。

さておきキー坊が攻防のラストで見せた回避技は幽玄っぽかったですね。

前作の「TOUGH」が終了後に覚悟や四天王から技を教えてもらったのでしょうか。

そして尊鷹回想モードの鬼龍さんはまぁなんというか。。。

活法がからっきしって語ったのはじいちゃんだったと思いますが本当は自身のバーストハートの事もあって得意だったのでしょうか?

おとんも復活させてましたし。

鬼龍はずっと姿をくらませていたのでじいちゃんが知らなくても仕方ないですね。

ラストで鷹兄ィが移植の事を問い詰めてくれてましたので次回本当に移植が目的だったのか鬼龍の口から語られるのでしょうか。

 

スポンサーリンク