【TOUGH外伝 龍を継ぐ男】135話「善と悪」最新話ネタバレと感想

出典:龍を継ぐ男135話

 

週プレ2018年50号掲載の「龍を継ぐ男」135話のネタバレと感想です。

鬼龍おじさんのキャラが崩壊していくのは今に始まったことではありませんが読者マネモブも困惑の展開が続いていますねw

さておき前回ではついにガルシアの代名詞とも言えるボーン・コントロールが登場しました。

喜一はこのまま昔のガルシア戦同様敗れてしまうのでしょうか。

まだまだキー坊には引き出しがあるはずなのですがさてさて・・・

龍を継ぐ男135話ネタバレ

鬼龍おじさんのキー坊への信頼度すげェ!

キー坊がドラゴン・ハウスで鬼龍を殺した直後の回想。

一人鬼龍の部屋で座るキー坊。

そこに鬼龍が残した録音音声が流れる。

鬼龍はこれで喜一は悪になった、悪を知らない善は本当の善ではない。悪にならなければ救えない命もあるのだと語る。

録音音声はさらに鬼龍のコネと金を使いイベントを起こしてガルシアと闘い、彼を救ってほしいと続く。

出典:龍を継ぐ男135話

この血の謝肉祭は鬼龍の遺言だった!?

なんだこの喜一に対する絶対な信頼は・・・

キー坊や鷹兄ィに丸投げするあたり鬼龍おじさんも丸くなったのぅ・・・

幽玄編の頃のおじさんなら敵わないとわかっていても突撃して読者に笑いと失望を与えてくれそうなもんなのに。

場面は船上に戻りキー坊はガルシアにヒールホールドをかけられたままマウントパンチを顔面に受けてしまう。

しかし下からガルシアの顔を蹴り上げ威力は半減、キー坊にダメージはさほど無い様子。

キー坊はガルシアと闘うのは二度目やからある程度動きは読めると言うと何かの技を仕掛ける!

龍星「な・・・なんだあ?」

マクマレン長官生きとったんかワレ!

またまた場面変わって米国・ワシントンでの回想。

どうやらマクマレン長官のおうちの様子。

猿空間からの帰還!!

龍を継ぐ男では今回のガルシア編が始まった最初の頃一瞬だけ出てきたかなそういや。

彼はもうすぐ退役らしくガルシアのことが公になるのを恐れてMの代行を知る者を抹殺していたらしい。

キー坊の用件はそんな彼に血の謝肉祭が終わるまでガルシアに手を出すなと釘をさすこと。

マクマレンはそれを了承。

マクマレンも一つキー坊に聞きたいことがあると言い本当にあの鬼龍を殺したのかと問う。

キー坊がだとしたらどうする?と答えるとマクマレンは、

出典:龍を継ぐ男135話

やはりこの男油断できぬ。

といったところでまた次回。

煽り文「悪に近づくために演じる悪もある・・・」

龍を継ぐ男135話感想

なにっTOUGH 龍を継ぐ男の電子書籍が2019/1/15まで50%還元セール中!?

 

もうかんっぜんにキー坊が主役ですね!

今回の龍星さんの出番がこちら↓

出典:龍を継ぐ男135話

出典:龍を継ぐ男135話

以上!!!

このままでは龍星自身が猿空間入りしてしまいそうですね。

それにしても鬼龍おじさんは一体なんなんでしょうね。

昔のガルシアには情愛は無いと言っていましたがじゃあ今回のガルシアのこれは何なのでしょうか。

キー坊もここまでの行動全部鬼龍おじさんの遺言を実行しているだけで無理をしているように感じます。

ガルシアを活かす為に闘う決意のキー坊ですが果たして・・・

あと最近の猿先生ェはまたリアル絵描きたい病が発病してますね。

 

スポンサーリンク