【TOUGH外伝 龍を継ぐ男】120話「フラッシュパンサー」ネタバレと感想

出典:龍を継ぐ男120話

 

週刊プレイボーイ2018年33号掲載の龍を継ぐ男120話のネタバレと感想です。

二人を相手に戦うキー坊とそれを見ているだけの主人公龍星・・・

タッグとかしないんでしょうかね。

 

龍を継ぐ男120話ネタバレ

戦う宮沢親子、見守る主人公

アローノザワやハロルドの能力を向上させたチート薬「FP(フラッシュパンサー)」。

これを投与されるとその反射神経は弾丸をも目視でかわすことができるらしい。

・・・今さらそんな設定盛られてもタフシリーズで散々披露されてきた当たってから回避できる「弾丸すべり」のほうがすごそうな気がするんですけど・・・

キー坊「薬の効果があればあるほど副作用はキツイ。ましてや中国製や」

さらっと中国をディスるキー坊。

そこは改善されると言うアローノザワは突然余所見をし、不意をついてキー坊にパンチを繰り出す!

しかしキー坊はこれをかわし、続く回し蹴りもしっかりとガード。

龍星「ば・・・馬鹿な。宮沢喜一が押されている」

そうかぁ?

しっかりと対処してますやん。

そして唐突におとんパートに場面が変わる。

前回とんでもない性癖を暴露された馮さん。

最近おとん達が暮らしている近所で幼女がいたずらされそうになった事件があったらしい・・・

おいこら馮

あっさりと認めた様子の馮さんは続けて語る。

この性癖を直したいがその方法は二つしかない。

死ぬか飽きるまでやるか、と。

そして馮さんは「潜陰爆破脚」を放つ。

しかし蹴り足が当たった瞬間おとんは「弾丸すべり」でこれを回避。

馮さん「なにっ」

そしておとんはその流れで何かの技を放とうとする!

 

あ あ あ ぁ ぁ(PC文字)

 

連続で猿先生の伝統芸が炸裂したところで場面はキー坊パートへ。

喜一の動きがスローモーションに見えると調子に乗っているアローノザワ。

そしてまたしてもノールックパンチを放つ。

しかし今度は完全に見切られキー坊はカウンターをアローノザワの顔面にヒットさせ、さらにローキックで足をへし折る!

出典:龍を継ぐ男120話

 

信じられない様子の中国のお偉いさん。

いやいやキー坊ほどの相手にノールックパンチみたいな奇襲技を二回も出せばそりゃ対応されるでしょ・・・

キー坊「武術は薬物を凌駕するんやで」

誰が主人公かわからなくなるかっこいい台詞が出たところでまた次回。

煽り文「喜一の本気・・・」

龍を継ぐ男120話感想

なにっTOUGH 龍を継ぐ男の電子書籍が2019/1/15まで50%還元セール中!?

 

今回の主人公の出番は2コマでした。

船上バトルロワイヤルなってからほんと出番ないですね龍星さん。

そして今回も馮さん・・・

100歩ゆずってその性癖は病気で自分ではどうしようもない物だとしてもご近所でやっちゃダメでしょ!

いやどこでやってもだめなんですけどそれはないわぁ。

中国ではもみ消されてたのかもしれませんが日本でやっちゃうと中国のお偉いさんが力持っているとはいえ恐らくただでは済まないですよ。

そして名言っぽく最低なこと語ったあと攻撃しかけるもおとんにまったく通用してないし・・・

猿先生はどこまで馮さんの株を落とせば気が済むんでしょうね。

そしてキー坊パート、なんだかんだ言ってもキー坊はやっぱ強くてかっこいいですね。

ロン毛は似合ってないけど。

それに比べて主人公のドラゴンスターはいつになったら戦うんでしょう。

キー坊が複数人相手に戦ってたんだから加勢するなりなんならアローノザワ達と協力して最強キー坊を倒そうとしたりしてもいいと思うんですけどね。バトルロワイヤルルールなわけですし。

このままではほんとに主人公交代させられてしまいますよ!

 

スポンサーリンク