【TOUGH外伝 龍を継ぐ男】122話「光学迷彩」ネタバレと感想

出典:龍を継ぐ男122話

 

週プレ2018年36号掲載の龍を継ぐ男122話のネタバレと感想です。

前回ついに戦う事を決意した最近影の薄い主人公龍星。

しかし見えない何者かに殴られて出鼻を挫かれてしまう。

見えない敵の正体とは・・・?

 

龍を継ぐ男122話ネタバレ

見えない敵の名は孫健一

何者かに顔面を殴られ吹っ飛ぶ龍星。

見えないがたしかにそこに気配は感じる。

すると背景に溶け込んでいた姿が徐々に露になり始める。

男の名は「孫健一」というらしい。

見えない理由は中国が独自に開発した素材で光を屈折させ見えない兵士を可能にしたとの事。

最強兵士は最強国家を作るのだとドヤ顔の中国デブ。

それに対して人権や倫理を無視して人体実験やりたい放題うらやましいですなあと笑顔で言うが皮肉をこめている様子。

場面は船上に戻り喜一は孫健一は龍星では荷が重いといいまた自分が闘おうとする。

孫さんは極拳道の使い手で業界では名の知れた実力者らしい。

喜一さん最近過保護気味やね。

前作のツンデレ鬼龍さんの影響かな?

そんな事を孫健一にも突っ込まれる喜一。

しかし龍星は自分の獲物だと引かず闘うことに。

鬼龍は暗闇の中での闘いが得意だったという、自分だって目の見えない場所で闘ってきたんだと自分を奮い立たせる龍星。

しかし一方的に殴られる龍星。

姿はぼんやり見えているが龍星の攻撃はことごとく空振りする。

まったく対処ができない龍星はついにダウンしてしまう。

出典:龍を継ぐ男122話

孫健一「もう終わりか鬼龍の息子」

中国式チート服を着ながら孫健一が龍星を見下ろしながらそう語りかけたところでまた次回。

煽り文「龍の血 覚醒なるか・・・」

龍を継ぐ男122話感想

なにっTOUGH 龍を継ぐ男の電子書籍が2019/1/15まで50%還元セール中!?

 

今回もあっというまに話が終わってしまいましたね。

一応15ページはあるはずなんですがなんでそう感じるんでしょうね。

そして強キャラオーラを出してでてきた孫健一さん、これきっとひどい負け方して一気に株が下がるキャラのパターンな気がします。

なんというかこういう自分の体以外のオプション使って闘うキャラって大体最後はひどいことなりますよね。

ただわりとイケメンに描いているので猿先生はどうするんだろうか・・・

まぁ実在人物モデルキャラをどんどん使い捨てていく猿先生ですしそんなの関係ないか。

なんにせよ久々のまともな龍星の戦闘ですしここはビシっと勝って喜一を見返してほしいですね。

というか今までのアローノザワや関は体を改造した格闘家という事でしたが迷彩服っていいんですかねそれw

まぁ仕込み義手使ったりが認められてたし今さらですね。

 

スポンサーリンク