【センゴク権兵衛】126話「馴染み」最新話ネタバレと感想

出典:センゴク権兵衛126話

【センゴク権兵衛】125話「合戦仕度」最新話ネタバレと感想
ヤングマガジン2019年6号掲載のセンゴク権兵衛125話のネタバレと感想です。 前回ではやっとこさ北条編も一段落、というか時代が追いつきましたね。 豊臣側、そして権兵衛の動きも気になるところですが年始に作...

ヤングマガジン2019年8号掲載のセンゴク権兵衛126話のネタバレと感想です。

前回では秀吉の心の闇とごんべさんが出陣に向けて動き始めた様子が描かれましたね。

戦国の世に最も愛された男が戦国の世を最も嫌っていたのは衝撃でした。

作者のツイッターを見る限り北条討伐以降の秀吉末期はセンゴク権兵衛では描かれなさそうな感じですがこの男がどういう心境でこの世を去るのかはすごく気になるところです。

さておき戦仕度を始めたごんべさんは果たしてどのように陣狩りするのか楽しみです。

センゴク権兵衛126話ネタバレ

旧臣に旧友が続々集結!

103話に登場した権兵衛の旧友であり後に仙石家の家老となる鷲見藤兵衛が牢人を引きつれ権兵衛を探している様子。

その時仙石権兵衛を知っているのかね、と藤兵衛に話かける男が。

出典:センゴク権兵衛126話

無用ノ介も高野山以来のひさしぶり!

そしてやっとこさ権兵衛のお宅に到着した藤兵衛。

どうせ権兵衛は出陣すると思って郎党を集めていたらしい。

さすが旧友。

そしていつのまにかごんべさん宅は旧臣と新たに集った郎党で一杯に。

そんな皆に向かって川ちゃんは顔合わせの場で「堪忍料」で全員の食い扶持はなんとかなるがそれでも合戦に行くのかと問う。

ここが心地いい場だから集まったんじゃとウキウキで答える藤兵衛。

他の男たちも気の合うモンが集まったらじっとしとれんわいと大盛り上がり。

出典:センゴク権兵衛126話

根っからの猪武者仙石権兵衛。

権兵衛が「いざ関東!」と激を飛ばすと男たちはそれに盛り上がるのであった。

お藤の心境は如何に

戦意はあってもお金はない仙石家。

褒賞見込みの無い合戦に軍資金は出せないらしく具足は各自が修繕して使うことに。

堪忍料で賄えるってさっき言ったばっかなのにけちんぼ!

仙石家が合戦の雰囲気になる中お藤は権兵衛に「不本意ながら」と前置きした上で具足の装着を手伝う。

久々の具足にやっぱりしっくりくると感慨深い様子の権兵衛。

権兵衛「似合うとるかの?」

お藤「・・・言わせないで下さい」

その後おもむろにかつて信長公が「ワシはこの時代を好いておる」と言っていたことを思い出したと語り始める権兵衛。

そしてついに仙石秀久関東に向け進発!

出典:センゴク権兵衛126話

最終章のご開帳じゃあああああ!!

といったところでまた次回。

センゴク権兵衛126話感想

センゴク権兵衛の電子書籍ためし読み

あっとう言う間に人が集まりましたが未だ小田原に行ったところでどうするのかはノープランですよねw

茶々に接近したりと描写があったので出陣前にあれこれ陣狩りの為の手回しをするのかなと思っていたら行き当たりばったりという!

現地で家康や茶々と再会してなんとかするんでしょうかね。

余談ですが「茶々って小田原に行ったよなたしか?」と念の為に「茶々 小田原」でググったらあんなお店ばっかり出てきました。

さておきそんな出たとこ勝負なところも猪武者権兵衛らしくていいですね。

猪武者と言えば前回の闇秀吉が無用と言いきりましたがそのへんどうなるのでしょうか。

恐らく最終章となる挽回の章、次回の冒頭が楽しみです。

【センゴク権兵衛】127話「第一歩」最新話ネタバレと感想
ヤングマガジン2019年9号掲載のセンゴク権兵衛127話のネタバレと感想です。 ついに最終章となるであろう「挽回の章」のご開帳ですね。 「史上最も失敗し挽回した男」というサブタイトル通り今までのセンゴクシリーズは...

スポンサーリンク