【創世のタイガ】39話「適応」ネタバレと感想

出典:創世のタイガ39話

 

イブニング2018年21号掲載の創世のタイガ39話のネタバレと感想です。

前回ではついにネアンデルタール軍の夜襲を退けたホモサピエンス軍及びタイガ。

前回の煽り文の森先生新境地の恋愛展開とやらがどんななのか気になった2週間でした!

果たしてどんな新境地が展開されるのでしょうか。

またネアンデルタール人の頭領らしき人物の言葉の意味はわからんがとにかくすごい不気味な言葉はなんだったのかこちらも気になりますね。

 

創世のタイガ39話ネタバレ

レンはもう戦力外でよろしいでしょ

前回に引き続きユカを慰めるタイガを悲しい目で見つめるティアリ。

ティアリの姿に気が付いたタイガは声をかけるがティアリは視線を逸らしどこかへ走り去ってしまった・・・

なおこの戦での犠牲はネアンデルタール軍20人以上に対しホモサピエンス軍は3名程度ですんだらしい。

そして夜襲から数日後タイガたちの環境に変化が。

なんと仲間として集落の中に住むことが許されたらしい!

タイガとリクのおかげやね。

しかし与えられた住居はなんとアラタ達が入れられていた牢屋だったw

これにはアラタさんも苦笑い。

なおこれは別に嫌がらせではなくて新しく住居を作る手間を考えてくれた気遣いらしい。

場面が集落から変わって小川の側でウルフの調教をしているタイガ。

そこにレンが戦いにまたオオカミを使うのか?とタイガに声をかける。

どの面下げてきたんやこいつ。

タイガはまあねと答え、敵の斧や棍棒でウルフが怪我をしたのでそれに対処できるように訓練しているという。

レン「オオカミをけしかけてまた殺すのか?」

はいはい。

絶対このパターンくる思ったわ。

出典:創世のタイガ39話

仲間を見捨てて一人で逃げ出して最後まで岩陰で震えてた男が言っていい台詞ではないですな。

そしてさらにネアンデルタール人は人間ではないというのか、現代人の中にもネアンデルタール人の遺伝子は存在すると言葉を続けるレン。

これに対しやらなければ殺されていたと答えるタイガ。

このタイガの言葉を否定し戦いを楽しんでいたと反論するレン。

驚くタイガ。

レンは死体を踏み敷いて喚声をあげているタイガを見たという。

レン「と・・・とにかくオレは殺しはやらねぇ!」

レン「殺すくらいならにっ逃げる方がマシだ!正しいんだ!!」

死亡フラグな台詞を吐いてさらにタイガはおかしい、タイガは間違っていると面と向わずタイガに背を向けて逃げる様に去りながら好き勝手言うレン。

男下げすぎやろこいつ。

場面変わってアラタとタイガが談笑している様子。

タイガは集落に入らず以前と同じく柵の外で生活している様子。

レンときまづいのとウルフが大きくなったので集落の中をうろうろさせるのはまずいと判断してとのことらしい。

タイガはアラタにどんな理由があっても殺人は殺人だと自分を責めるような発言をする。

アラタはこれに対しタイガがやらなかったらオレ達は確実に死んでいたとフォロー。

さらにアラタはレンが言っているタイガが正しいの間違っているだのなんて無意味だと言う。

アラタ「なんせ法律がないんだからな!!」

さすが見てのとおり頭の良いアラタさんだぜ!

その後もタイガの心の悩みを聞き見事にフォローしていくアラタさん。

そしてアラタもタイガを見習ってこの時代に適応すると決意をタイガに伝える。

笑顔が戻るタイガ。

そしてアラタがタイガにティアリとユカとはどうなってるんだとゲスな質問をしていると小川の向こうにティアリが気まずそうにこちらをチラっと見ていた。

夜襲事件以来ティアリと話をしていないというタイガはウルフに「待て」をかけてティアリに向かって一直線!

アラタ「あらぁ~~~~」

アラタ「オレも早く適応しないとな!!」

ウルフ「ウォン!」

ちゃんちゃん♪といったところでまた次回。

 

創世のタイガ39話感想

創世のタイガの電子書籍が2019年1月15日まで実質半額!

もうレンさんは何を言っても説得力が無いですね。

というかこういうときレンみたいなのがタイガをフォローしてやらないといけないのにこいつはほんま・・・

タイガがやらないと殺されていたという言葉に対しての反論が戦いを楽しんでたっていうのもなんだかなあ・・・と思ってしまいます。

タイガが楽しんでようがどうであろうとやらないと殺されていたのは事実で話のすり替えのように聞こえてしまいます。

会議とかでもこういうタイプの人いますよね。

これ系の人いるとまとまらんからほんま嫌い。

それに対してアラタさんの有能っぷりは最高ですね。

タイガのカウンセラーポジション確立です。

今のところユカとレンだけは無能っぷりしか描写がありませんが果たして彼らがこの時代で光り輝くときはくるのでしょうか。

そしてここまでだらだら文章書いていて今気づきましたが森先生の新境地とは一体どこのことなんでしょうか(笑)

次回タイガとティアリの絡み(そういう意味ではない)がありそうなのでそこでいつもの森先生ではない描写が入るんですかね。

う~ん・・・わからん!

 

スポンサーリンク