【創世のタイガ】40話「地上の王」ネタバレと感想

出典:創世のタイガ40話

 

イブニング2018年22号掲載の創世のタイガ40話のネタバレと感想です。

前回はレンとは価値観の違い?で衝突し、さらにはティアリのやきもち?で人間関係がギクシャクし始めたタイガさん。

レンはもうほっとけばいいよと私は思ってますがティアリとのわだかまりはといておきたいですよね。

前回ラストはちゃんちゃん♪て感じで終わっていましたが果たしてどんな展開に話が進むのでしょうか。

 

創世のタイガ40話ネタバレ

ティアリ大好きなタイガのために日本語を覚える!

森の中を疾走するタイガとティアリ。

ティアリに何か誤解されていると感じたタイガが彼女を狩りに誘ったらしい。

このニブチンめ!

ウルフが彼らの前を走っている様子でそれを追いかける二人。

ティアリは生き生きとした表情をしておりホッとするタイガさん。

そのときウルフが羊の先祖のような獲物に噛み付き足止めするとトドメをさそうとティアリが槍を構える。

しかしみるみるティアリの表情が曇りトドメをさそうとしない。

異変を感じたタイガは自ら槍を獲物に刺し捕獲する。

解体作業をしながらさっきはどうしたの?とティアリに声をかけるタイガ。

出典:創世のタイガ40話

ティアリが日本語をしゃべった!?

それよりこんなこと女の子?に言わせるなやあああああああああああ!

これを聞いたタイガさん、返答の前に日本語が上手になったティアリを褒める。

褒められたティアリ「コトバ・・・アル。ティアリ・・・キレイ・・・・・・ナイ」

これを聞いたタイガさんはなんと戦う君はキレイだと言いナチュラルプレイボーイな一面を見せる!

これにはティアリさんも顔を真っ赤にしてよくわからない言葉を話しながら手をぶんぶん。

爆発しろ。

その後ご機嫌が治ったティアリさんはもう十分な獲物が獲れたにもかかわらずもっと狩りがしたいと笑顔で槍をぶんぶん振り回す。

かわええ。

結局帰路に着くウキウキティアリさんとタイガさん。

そのときティアリが何かの異変に気づいたらしく猛然とダッシュ!

その視線の先にはマンモスの大群が!

大群が通った後は草木は食い荒らされ森は破壊されていた。

集落に戻りこのことを報告するティアリ。

この時代最強モンスターのマンモスに立ち向かう事はできず彼らは群れがやってくると集落の場所を変えるという生活をしてきたらしい。

集落の場所移動に動きだすホモサピエンスたち。

一方タイガは仲間たちの所へ戻りこの出来事を話す。

この時代の地上の王はマンモスなんだ!といった話題で盛り上がるアラタたち。

そこにレンがやってきて何が地上の王だおまえら調子にのってマンモスを絶滅させる気か!とまたズレた事を言って水を差す。

タイガ「マンモスが絶滅するのは事実だ」

レン「絶対おまえどうかしてるぜ!」

こんなやりとりをしてまた溝を深めて別れる二人。

その晩タイガは星が輝く夜空を見上げ「地上の・・・王」と意味深につぶやいたところでまた次回。

煽り文「マンモス狩猟編開幕ッ!!!」

 

創世のタイガ40話感想

創世のタイガの電子書籍が2019年1月15日まで実質半額!

ティアリはほんとかわいいなぁ・・・

日本語も覚えてタイガにもっと近づきたいんでしょうね。

タイガもさらっと戦う君はキレイだなんて言えるのがすごいですねw

タイガ大好きティアリさんがそんなん言われたらそりゃこうなりますわ。

出典:創世のタイガ40話

かわええ。

このコマのティアリの台詞が卑猥に見えた心が汚い人、安心して下さい私もです。

そしてレンは一体彼はどうしたいのでしょうか。

彼岸島でいうところのネズミ枠として見てればいいんですかな?

まぁレンはまだブリブリしてませんけど。

次回からマンモス狩猟編ということですがもしかしたらついにタイガ達が現代人の知識TUEEEEEEEEEをやるのかもしれませんね。

そしてその事がマンモス絶滅のきっかけになったり?

ラストのコマのタイガの台詞はバーサーカータイガさんが地上の王に挑戦したいという気持ちなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク