【創世のタイガ】43話「願い」最新話ネタバレと感想

出典:創世のタイガ43話

 

イブニング2019年1号掲載の創世のタイガ43話のネタバレと感想です。

マンモスから逃れ安住の地を探すホモサピエンスたちですが移住候補地もマンモスに荒らされてしまいました。

この時代の人間たちにはマンモスと戦うという発想はあまりなさそうな印象ですが果たしてこの問題をどう解決するのでしょうか。

タイガ無双マンモス編もいいですがいい加減タダ飯喰らいの他の現代人にも仕事してほしいものです。

 

創世のタイガ43話ネタバレ

いつの間にか発言力まで持ち始めるタイガさん

ムジャンジャ(長老ポジションのおじいちゃん賢者)に北の地もドゥブワナ(マンモス)に荒らされたと報告が入り絶望の集落会議からスタート。

このまま今の地でマンモスをやりすごそうとの意見も出るがそれを実行した西の部族は半分も亡くなったらしい。

このままでは狩りができず子供や老人といった体力の無い者からどんどん命を落とすことになるという。

ホモサピたちが口々に絶望する中、突然タイガはムジャンジャの前まで歩を進め彼の許可を貰ってホモサピ達に宣言する。

タイガさん「ドゥブワナ・・・タオス!!」

これにはホモサピもメガネもティアリもこの表情。

出典:創世のタイガ43話

何言ってんだこいつ・・・といった感じでざわ・・・ざわ・・・する皆さん。

しかしタイガはさらに俺はドゥブワナを狩る為に来たと言葉を続ける。

出典:創世のタイガ43話

ティアリさんもうこれ大洪水やろなぁ・・・

一方ほかのホモサピたちは槍を10本刺さっても止まらないのに無謀だだとか、いやタイガならあるいは・・・と言った感じで議論白熱。

ネアンデルタール襲撃事件以来タイガの戦闘力はホモサピにものすごく信頼されているご様子。

ムジャンジャはタイガと共に戦うも戦わぬも各々の判断に任せたいと言ったところで会議はお開き。

レンいい加減働け

焚き火を囲む現代人のヤロウ4匹。

レンがタイガがマンモスを倒す宣言したことに思い上がりだ、何様のつもりだとまた苦言。

何もしてないのに口だけはよく動くねこいつほんと。

さらにタイガの暴走に巻き込まれたくない、英雄になりたいだけだと言いたい放題のレン。

これにはタイガは生きる為だと反論。

溝が深まる二人のもとにティアリが集落の女たちを引き連れてやってくる。

彼女らの手には毛皮や食料等タイガへの貢ぎ物と思われる品々が。

出典:創世のタイガ43話

「オンビ」とは願いとかそういった意味らしい。

つまりマンモス退治宣言のタイガさんにお願いしにきた様子。

彼女らと一緒に来た一人の子供もすがるような目でタイガに懇願すると男・タイガこれを承諾。

といったところでまた次回。

煽り文「マンモスを狩る、その時が来る。でも、どうやって??」

 

創世のタイガ43話感想

創世のタイガの電子書籍が2019年1月15日まで50%還元セール中! 

ついにマンモスと戦う宣言きましたね。

この時代の王者で戦うという発想すらなさそうな印象でしたが槍を10本刺しても止まらないというホモサピの発言から戦ったことはありそうですね。

しかしティアリさんはどんどん女の顔になっていきますね・・・

これでタイガが犠牲も出さずにマンモス狩りに成功でもしたらティアリさんの感情は一体どうなってしまうのか・・・

にしてもレンはほんとUZEEEEE!

こいつは代案も出さずに一体何を考えてモノを言っているのか。

知識もねえ体力もねえ根性もねえんだからせめてタイガさんの邪魔をするなと。

映画なんかでよくある「お、俺はごめんだぜ!部屋に戻る!」みたいなフラグでも立てて退場してくれねえかな・・・

 

スポンサーリンク