【創世のタイガ】30話「蘇生」ネタバレと感想

出典:創世のタイガ30話

 

イブニング2018年12号掲載の創世のタイガ30話のネタバレと感想です。

 

創世のタイガ30話ネタバレ

メインヒロインはティアリかユカか

前回ナクムを締め落としたタイガだったが集落の男達は仲間を失った事に殺気立ちタイガを殺すという。

ティアリが決闘を汚すなと男達を制止するが収まる気配はない。

そんな中タイガはナクムを仰向けにし心臓マッサージを開始する。

当然なにをしているのか理解できない集落の男たちはナクムから離れろ、死者に触るなと罵声を浴びせる。

そしてあっさりとナクムが蘇生。

何が起こったか理解できない男達とナクム。

出典:創世のタイガ30話

 

「奇跡だ」「精霊の技だ!」と涙を流しながら大盛り上がりの男達。

ナクムは締め落とされていた間黄泉の国を見たらしい。

大昔のホモサピエンスにも黄泉の国って概念あるんだね。

そして「見事であった望みを聞こう」とそこに現れた賢者ムジャンジャがタイガに語りかける。

タイガはティアリを通してここの仲間に入れてほしいと御願いする。

その言葉にものすごく嬉しそうな顔をするティアリ。

かわいい。

そして仲間が開放されユカがタイガに抱きつくと切ない顔をするティアリ。

かわいい。

ユカさんずいぶんとヒロインアピールする機会なかったから必死なのかな?

泣くユカを抱きしめて話を聞いているタイガを切なさと困惑の顔で見ていたティアリはナクムに連れられその場を去る。

ティアリかわいい

その夜うっきうきの表情でタイガ達に何かを持っていこうとするティアリ。

立ち直りはやいね。

するとこんな夜更けにどこへ行くと静止するナクム。

ティアリ「兄・・・さん」

君ら兄弟だったのね。

ティアリは薬草や食料を持っていくというがあの者はよそ者だと咎めるナクム。

出典:創世のタイガ30話

 

交雑り者ってなんだろ?

とにかくそうなのだから白い目で見られるような事は慎めというナクム。

その言葉を聞くとティアリは「わかった!!」と叫び悲しい顔で走りさってしまった、というところでまた次回。

創世のタイガ30話感想

創世のタイガの電子書籍が2019年1月15日まで実質半額!

 

ナクム復活!ナクム復活!!

まぁナクム死んだと思った読者はいないでしょうがこの時代の人類にはものすごい事がおきたように見えたんでしょうねきっと。

しかし私はあまり格闘技や緊急医療?について詳しくないのですが締め落とされたときの気付けって心臓マッサージなんですか?

私のイメージだとなんか背中のほうから渇!みたいな事して意識を取り戻すイメージがあります。

まぁどうでもええや!

そしてタイガ推しユカさんが久々にアピールしてきましたね。

もうその席ティアリの席だから!

めちゃくちゃ嬉しそうな顔をした数コマ後にこれ見て悲しい顔させられたティアリさんほんとかわいそうだと思いました。

そして交雑り者って何なんでしょうね。

よくある展開で考えればホモサピエンスの女性がネアンデルタール人に襲われて子を産んだってパターンですがナクムとティアリは年齢も離れていそうですしどういう意味なのか。

ここに来て物語の風呂敷広げてきた感じですね!

 

スポンサーリンク