【創世のタイガ】36話「夜襲」ネタバレと感想

出典:創世のタイガ36話

 

イブニング2018年18号掲載の創世のタイガ36話のネタバレと感想です。

原始人の感覚と現代人の感覚の違いに困惑するタイガとその仲間達。

ネアンデルタール人との争いは避けられぬ中彼らはどういった行動をとるのでしょうか。

現代人の知識TUEEEEEEEの展開はあるんでしょうかね?

 

創世のタイガ36話ネタバレ

タイガ達も戦力に数えられているんかい!

何やら異様に殺気だった様子で盛り上がっている村人たち。

タイガはナクムに一体何の騒ぎなのか聞く。

ナクム「ギガンボ・・・エンダ!」

なるほど・・・

そこにさらにティアリも現れる。

ティアリ「ギガンポ!!マピガノ!ナミ!タイガ!!!」

なるほどなあ・・・そういうことか!

・・・すいません調子に乗りました。

タイガの通訳によると北にネアンデルタール人の野営地が見つかったのでタイガも一緒に戦えと言っていた様子。

それを聞きこちらから戦争をしかけることに躊躇する仲間たち。

現代日本人として当然の反応やね。

しかしタイガは既にこちら陣営からは自分だけが出陣すると伝えているという。

ドン引きすると同時にレンが何で殺し合いに行かないといけねーんだとタイガに掴みかかる。

タイガはそんなレンを突き放し、戦いたくなくても奴らはくると悲痛な表情で言い放ちその場を離れるのであった。

レン「オレは戦争なんてごめんだからな!」

死亡フラグかな?

戦いは突然に

その夜タイガはうなされる。

ホモサピエンス軍に加わりネアンデルタール人を惨殺して返り血を浴びている夢を見ている様子。

ハッと目を覚ますとウルフが外に向かって唸っており、タイガはあわてて外を確認するとネアンデルタール人の松明が・・・!

どうやら夜襲を仕掛けられる直前らしい。

お手柄ウルフちゃん。

タイガを仲間を叩き起こし集落の真ん中で「アドゥイ(敵)!」と叫べと指示をする。

そしてその間タイガはウルフと森に入りネアンデルタール軍を撹乱するという。

タイガさんすげーなほんと。

そして指示どおり敵襲来を集落に伝える仲間たち。

出典:創世のタイガ36話

しかし予想以上にネアンデルタール人の行動が速くホモサピエンス軍は襲撃を受けてしまう。

しかしオレ達にはタイガさんがついている!

完全に包囲される前に背後からネアンデルタール人を単身で攻撃する作戦をたてたタイガさんは敵の背後に回りこみ投槍一発で一人撃破に成功!

タイガは戦いを忌み嫌っていたはずなのに相手を敵と見なした途端、頭から迷いが消える感覚に陥り闘争が体を支配するその感覚に身を任せネアンデルタール人相手に無双する・・・!

しかしその光景を見ていたネアンデルタール人と思われる不気味な人物が不気味な謎の言葉をつぶやいたところでまた次回。

煽り文「戦争が始まり、人が死ぬ。逃れる術なんてない。」

創世のタイガ36話感想

創世のタイガの電子書籍が2019年1月15日まで実質半額!

 

今回はティアリ成分が少なめでしたね。

珍しく2コマしか出番がありませんでした。

出典:創世のタイガ36話

二コマしか出番なくてもやっぱりかわいい。

そして兄妹そろって既にタイガ達を戦力に数えているところを見るとタイガ達は完全に仲間として認められたんでしょうか?

そうだとしたら車輪のおかげですね。

まあこの場合それが良いことなのか悪いことなのかわかりませんが。

そしてタイガさんがどんどん強くなっていきますねえ・・・

現代人の知識SUGEEEEEEEEするまでもなく原始的な戦いで十分に戦えてますやん・・・

この戦いでタイガと親しい人物に犠牲は出るんでしょうかね?

それとも犠牲なくタイガの活躍で撃退しタイガは英雄に・・・って展開も??

どういう展開になるかは予想もつきませんがラストに出てきた謎の人物が不気味で何やら大きな波乱がありそうです。

 

スポンサーリンク