【小学生がママでもいいですか?】5話「育てた覚えは」ネタバレと感想

出典:小学生がママでもいいですか?5話

 

月刊少年シリウス2018年6月号掲載の「小学生がママでもいいですか?」5話のネタバレと感想です。

 

小学生がママでもいいですか?5話ネタバレ

芦屋と木々那

芦屋と一緒に帰宅している木々那が芦屋が雲母(きらら)と同一人物だと知るとファンだったらしく感激するシーンから。

芦屋は木々那にゲームの製作現場を見たかったというのは嘘でしょと問う。

木々那は取り繕うが誰かに会いに来た感じだったけど、図星をつかれてしまう。

しかし事前に連絡を入れてくれたらまた会社に来てもいいと言う芦屋に対し嬉しそうな顔の木々那。

二人は連絡先を交換して立川駅で別れることに。

今どきの小学生ってスマホ持ってるんだね・・・

別れたあと徳山さんの事をどう思っているか木々那に聞きそびれたという芦屋。

はたから見たら小学生相手に何男とりあっとんねんと言いたくなるけど気にしない。

一方の木々那も芦屋に岳大ちゃんをどう思っているか聞きそびれた様子。

そんなことを帰りの電車で考えていたとき芦屋からさっそく初メールが入る。

出典:小学生がママでもいいですか?5話

木々那ママの御眼鏡にかなったご様子。

よかったね岳大ちゃん!

岳大、壊れる

場面変わって仕事中の岳大。

残業をしている様子だが一人になるとうつむいてしまう。

これあかんやつや・・・

その日の帰りだろうか、岳大はお好み焼き屋の前まで行くが入店せずただ微笑んで去ってしまう。

おいやめろあかんて

最近来店しない岳大を心配する木々那に芦屋からメールが。

最近岳大の元気がない様子なので気にしてほしいとのこと。

そしてある日岳大が午後になっても出社しないと芦屋から連絡が入る。

電話もまったく通じないらしく会社は大変なことになっていると芦屋が伝えると木々那は家に様子に見に行くという。

家に行くという言葉にいちいち反応する芦屋さんもかわいい。

岳大の部屋についた木々那は部屋の鍵が開いていることに不安になる。そして中の様子を見に入った木々那が見た光景は

出典:小学生がママでもいいですか?5話

 

・・・

泣き叫びながら駆け寄る木々那。

すると、

すげー酒くさい!

どうやら泥酔して昏睡していたらしい。

木々那「そんな子に育てた覚えは・・・」

木々那「・・・覚えは・・・ないわね・・・」

木々那「岳大ちゃんを育てた覚えなんてたったの10年分しかない・・・」

こんなになるまで追い込まれていたことに気が付かなかった自分を責める木々那。

お店にもこなかったし家で飲んでいる形跡も見当たらなかったので気づかなかったがそれは木々那を心配させない為の岳大の優しさだったと気づき優しい顔になる木々那。

岳大に膝枕し子守唄を歌う木々那の声に岳大は亡くなった母を思い出し安らかな表情になる、といったところでまた次回。

小学生がママでもいいですか?5話感想

小学生がママでもいいですか?の電子書籍が1/15まで実質半額セール中!

木々那ママがそこらの本当のママよりママしてますね。

しかし岳大が倒れていたところは木々那ママは生きた心地しなかったでしょうね。

もし親の自分が先に他界して生まれ変わって最愛の息子に出会えたのに今度は息子を失う事になっていたら想像しただけで胸が締め付けられます。

第1話の扉ページを見たときはまた量産型ほのぼの日常ロリ漫画かと思いましたがなんというか色々思いというか自分の母親の思い出を思い出すというか。。

でもまだ5話目でやっとページ数的に単行本1冊あるかどうかといったところですが良い漫画だと思います。

母親に愛されて育った、社畜をしていたorしていると言う方には響くモノがあるんではないでしょうか。

しかしまだ月刊誌でしかもまだ5話だというのに休載を挟むとか遅筆そうで心配です。

 

スポンサーリンク