【小学生がママでもいいですか?】1話「ママですよ」ネタバレと感想

 

ぢたま某先生のシリウスでの新連載「小学生がママでもいいですか?」1話のネタバレと感想です。

 

小学生がママでもいいですか?1話ネタバレ

尼崎木々那ちゃん小学5年生

お好み焼き屋でお好み焼きをひっくり返すのを失敗している眼鏡をかけた青年のシーンからスタート。

一生懸命形を戻そうとしているがそこに店員さんがヘルプにやってくる。

青年が見上げるとそこにいたのはどう見ても小学生の女の子だった。

青年「・・・結構かわいい子だな(まつげなげえ)」

おまわりさんこちらです。

「俺はロリコンじゃないぞ!」と心で否定する青年(ほんとかな?)

慣れた手つきでお好み焼きを修復し青年の質問にも落ち着いた受け答えをする女の子。

名前は「尼崎木々那(あまがさきここな)」といい小学5年生でこのお好み焼き屋の娘らしい。

木々那にテンション高すぎだと青年が言うと

出典:小学生がママでもいいですか?1話

 

かわいい(俺はロリコンじゃないぞ!)

場面変わって青年が勤めている会社で小学生にモテたという話をしたらしく同僚に笑われているシーン。

この眼鏡青年は徳山というらしく鼻歌うたうほど実は嬉しかった様子。

おまわりさんこちr

そこに雲母(きらら)と呼ばれる女性がやってくる。

雲母はペンネームで本名は芦屋というらしい。

徳山が小学生にモテたという話をその場で聞かされなにやら嫉妬している様子。

お、小学生相手に三角関係か?

岳大ちゃん木々那ママですよ

その晩また木々那のいるお好み焼き屋に顔を出す徳山。

最近毎日通っているらしい。おまわりさn

木々那は徳山の心が疲れているみたいだと言う。

子供に心配されるほど落ちぶれちゃいないさと言う徳山に対し子供と言われたことに不機嫌になる木々那。

キレながら何故か下の名前を教えろという木々那に徳山が「岳大(たけひろ)だよ」と教えると神妙な顔付きで漢字を言い当てる木々那。

つい木々那は意味深に「岳大ちゃん・・・」とつぶやいてしまい調子に乗ったと謝る木々那だが岳大は岳大ちゃんでいいよ、随分前に亡くなった母が付けてくれた名前だいい名前だろと微笑む。

出典:小学生がママでもいいですか?1話

 

木々那は嬉しそうに「全然変わってなかったんだぁって・・・」と意味深に微笑む。

また場面変わって徳山の会社。

また鼻歌歌って上機嫌で木々那のことばかり考えている様子。

その1コマ後に芦屋にロリコンじゃないですよね?と念を押されるが毎日お店に通っていると言ってしまい余計疑惑を深めることに。

しかし徳山はストレスが酷くて食べて憂さ晴らしをしてしまっているらしい。

よかった!ここにロリコンはいなかったんだね!

どうやらこの会社はゲーム会社で徳山はチーフ兼ディレクターという大変なポジションらしい。

愚痴を聞いてもらった徳山はちょっとすっきりしてその晩やっぱり木々那のお好み焼き屋へ。

やっぱりいくんかい!!

しかし木々那が毎日お好み焼きは体に悪いからたまにはよそで食べればとお母さんみたいな事を言う。

素直に言うことを聞いて焼肉屋に行くことにした徳山であったが翌日徳山は会社を早退してなんとコンビニの横で飲酒して昼寝していた!

亡くなった母の夢を見る徳山。

気持ちがやすらぐがふと目を覚まし頭の位置が高いことに気づく。

出典:小学生がママでもいいですか?1話

うらや・・けしからん!

あせる徳山だが木々那がお母さんみたいだと言うと木々那は顔を隠して徳山の顔を抱きしめる。

おまわr

なんで膝枕してくれたのと問う徳山に対し岳大ちゃんがしてほしそうだったからと答える木々那。

そしてぽつぽつと徳山が自分の過去を語りはじめる。

この場所は昔徳山の母が飲酒運転の車にはねられ亡くなった場所だという。

最低な事故だったけど酒には罪はないし母が変な恨みを残さないように俺は楽しくお酒を楽しんでるよと花を供えてたまにここで飲んでいるらしい。

さらに言葉を続け今日は母さんに愚痴を聞いてほしかったという。

木々那ちゃんと一緒にいると母さんの事を思い出すという徳山。

それを聞いて感情が爆発する木々那。

出典:小学生がママでもいいですか?1話

うんまあそうやろなと思ってた。

私は岳大ちゃんのママの生まれかわりなの!と木々那が告白したところでまた次回。

 

小学生がママでもいいですか?1話感想

小学生がママでもいいですか?の電子書籍が1/15まで実質半額セール中!

またロリ美少女漫画かと思って普段そういう系は数秒で流し読みするのですが流し読みしていると何か違う雰囲気なので読んでみる事にした漫画です。

私自身がおっさんな年齢なせいか母だとか子どもだとかが亡くなる話ってのは胸にきてしまうんですよねえ・・・

岳大という名前を聞いた時点で木々那は自分の子だと確信していたはずですが、ママだと言い出せなかったのはやはり岳大の今の生活への配慮だとかどうせ信じてもらえないからと言う理由があったとはいえ辛かっただろなとか変な深読みしてしまいます。

今後徳山の世間体もありますしママも尼崎木々那としても生活もあるでしょうしどう関わっていくのでしょうかね。

シリウスですのであからさまなエロ展開にはならないと思いますので楽しみです。

 

スポンサーリンク